Blog

お盆の迎え方 

お盆

 

「準備」

何に一度、ご先祖様が里帰りされるお盆。

お仏壇や精霊棚を綺麗に整え、花や果物、食物をお供えし、菩提寺のお寺様にお経をあげて頂きます。

 お盆棚

おしょろ様とは。。。

ご先祖様の乗り物のこと。

なすと白瓜(またはきゅうり)で牛と馬をつくります。

おしょろさま

これらは仏様が一刻も早く帰れるように馬で迎え、牛に荷物を背負わせて送り出すという言い伝えによるものです。

足はオガラ(麻の茎)、目は小豆、耳は南天の葉、鞍にはいんげんを使います。

エサにはそうめんを持ったものと、ハスや里芋の葉になすを刻んだものと米を混ぜたものを盛ります。

 

「迎え火」

13日には、ご先祖様が迷わず帰ってこられるように迎え火を焚き、お盆提灯を道しるべとして飾ります。

 迎え火

「お墓参り」

お盆期間中には、ぜひ一度は家族全員でお墓参りをしましょう。

 

「法要と会食」

初盆に僧侶を呼んで読経を行う法要は14日または15日に行われます。

霊が帰ってきている間は、灯明を絶やさないようにし、お水や食べ物は毎日交換します。

 

「送り火」

16日には、ご先祖様をお送りするため、帰り道を照らす送り火を焚きます。これを精進送りといい、京都の夏を彩る大文字の送り火も、毎年行われる精進送りの一つです。

 送り火

「初盆っていつ?」

お盆の時期は地域により違います。

大きく分けると浜松市中心部から磐田市にかけては7月13日~15日に新盆を、浜松市北・西・南部が8月13日~15日に旧盆を行います。

盆義理は7月13日または8月13日の夕刻から始まります。

出掛ける際の服装は喪服で。持ち物はご仏前(お金)で、不祝儀ののし袋の表書きは「盆供」と書くようにしましょう。

 

「義理を重んじた風習 盆義理」

人が亡くなって初めて迎えるお盆を「初盆」「新盆」と言います。先祖を迎えて供養するものですが、遠州地方は盆行事を重視する土地柄で、葬儀に参列した人の大半がお参りに訪れるほどです。

このようにお盆の夕方、初盆のお宅に伺うことを「盆義理(ぼんぎり)」といい、浜松市周辺でおこなわれています。盆義理という風習は全国的にも珍しく、おそらく遠州地方独特。「盆義理」は故人をしのび、多くの人がお参りに行くという義理人情を重んじた風習。これからも末永く継承し続けたいものです。

 

「盆義理の不祝儀袋は?」

お盆の時期になると、盆供と書かれたのし袋がマックスバリュなどでも販売されます。

当日はたくさんの人が訪れるため、初盆の家族との長話などは控えるように。

「ご初盆でお懐かしゅう(お寂しゅう)ございます」

「せっかく(十分に気を付けての意)おまつりくださいませ」

といったあいさつと焼香にとどめるのが礼儀です。

 不祝儀袋

 

「お施餓鬼米」

初盆を迎える故人のご兄弟・近親者などが、故人だけでなくすべての餓鬼の方々を供養する事をお施餓鬼供養といいます。

その際にお供え物として餓鬼米をお供えします。すべての霊を大切にし、供養をわかち合う精神が込められています。

お亡くなりの方が男性の場合には四角袋、女性の場合には三角袋です。(地方によってはこの逆もあるようです)

 

*お寺によって供養の仕方に違いがありますのでご確認ください。

 

 お施餓鬼

「遠州大念仏」

「遠州大念仏」は、遠州地方の郷土芸能のひとつで、初盆を迎えた家から依頼されると、その家を訪れて庭先で大念仏を演じます。

 

大念仏の団体は、必ずその手前で隊列を組み、下の図のように、統率責任者の頭先(かしらさき)の提灯を先頭にして、笛・太鼓・鉦(かね)の音に合わせて行進します。

 

大念仏の一行が初盆の庭先に入ると、太鼓を中心にして、その両側に双盤(そうばん)を置いて、音頭取りに合わせて念仏やうたまくらを唱和します。

そして、太鼓を勇ましく踊るようにして打ち鳴らし、初盆の家の供養を行います。

また、現在も犀ヶ崖では、毎年7月15日に三方原合戦の死者の供養として、遠州大念仏が行われています。

 

 遠州大念仏

仏花

 

きしみ・しきび

実は毒を持ち、獣が嫌った独特な香りを持っている為に、昔から「墓」を荒らさないようにと供えられた。

 仏花

生花

近年は色花も使われている。

色の濃い花が好まれる。(白・赤・黄・紫など)

ユリ・すずらん・ほうずき・ススキ・みそはぎ等地域によって昔からの風習の残る地域があります。

 

造花

墓地を清掃管理することが困難なお寺が増え

造花に限られた地区(お寺)もあります。

 

しば

地域により、お寺(仏壇)・神棚の両方に使われる。

 

榊(さかき)

神棚に用いられる。(15日、末日)

 

「ほおづきとお盆」

お盆のお飾りに用いられるほおずきは「提灯」とも書きます。

ご先祖様が提灯の灯りを頼りに帰ってこられることから、途中で迷わないようにとの心づかいをもって提灯に見たてて飾られるようになったといわれています。

 ほおずき

「盆花」

盆花には、キキョウやハギなどを用いられるといわれています。ミソハギは、ハギに似ており、禊に使われていたことから「みそぎはぎ」と呼ばれ、「ミソハギ」となったという一説という説がありますが、仏花や故人が好きだった花をお供えすることも多いです。

misohagi

キキョウ

マックスバリュ和田店冊子より

 

 

梅狩りのお薦めスポットをご紹介!!

この時期は梅狩りシーズンですね。

梅を採って

梅干し・梅ジュース・梅酒を造りましょう☆

 梅

☆お薦めの梅狩りスポットです☆

・梅の杉山園

〒431-2224 浜松市北区引佐町奥山1737-379

090-1625-0933

2018年5月19日(土)~6月下旬(予定)  ※梅がなくなり次第終了

9:00~16:00雨天の場合、休園

駐車場無料

ホームページ

http://www.at-s.com/event/article/flavor/121248.html

 梅の杉山園

・はままつフルーツパーク

2018/5/26~2018/6/3

東側エリア ウメ園(フルーツ大橋よりトレインに乗って丘を登った1つ目の停車場で下車。)

入園口より15分、45分に大橋を発車するトレインに乗って5分。1つ目の停留所で下車、徒歩2分。

45円/100g(税込)

 「改良内田」は大玉果実で、樹勢もやや強く豊産性ですが、熟期が早くて生理落下の多い品種です。南高の受粉樹としても適しており、南高と一緒に植えられることが多いです。他の大梅に先駆けて収穫が始まる早生品種です。

ホームページ

http://www.tokinosumika.com/hamamatsufp/fruit/

 フルーツパーク

・大畑牧場(静岡)

2018年6月1日~小梅

2018年6月15日~大(中)梅

大畑牧場 ☎054-295-3641

ホームページ https://ohata-bokujo.jimdo.com/

 大畑農園

・月ヶ瀬梅園(伊豆)

平成30年6月2日(土)より観光梅狩りオープンします。(梅の実がなくなり次第終了となります)

入場・駐車場無料

今年の梅狩りのスケジュールをお知らせします。 開園時間:8時~15時(開園8時を厳守ください。) 開催場所:伊豆月ヶ瀬梅林 梅狩りの仕組み:畑に入り、自分のお気に入りの梅の実を採り、お買い上げいただく。 お買い上げ価格:1kg当り400円・小梅450円 (ご自分で採らず、取り置きを購入の場合は金額が上乗せになります)〒410-3215 静岡県伊豆市月ヶ瀬535-5 TEL.0558-85-0480 FAX.0558-8 問い合わせ:(農)伊豆月ヶ瀬梅組合 TEL0558-85-0480

ホームページ http://tsukigase.net/

 月ヶ瀬梅園(伊豆)

☆もうすぐ紫陽花の季節です☆

5月も終わりに近づき、もうすぐで梅雨の季節です。

梅雨といったら、紫陽花の花が見頃ですね♪

 アジサイ

 

☆あじさいの花言葉☆

青~青紫色…冷淡、無情、高慢、辛抱強い愛情

ピンク~赤紫色…元気な女性

白色…寛容

ガクアジサイ…謙虚

 

 

 

 

では、遠州地方のあじさいの名所をご紹介します♪

 フラワーぱーっく

 

☆はままつフラワーパーク

期間:6月1日~6月17日

9時~16時半 年中無休

住所:浜松市舘山寺町195

駐車場:537台(200円)

TEL:053-487-0511

 

「野生アジサイ園」のヤマアジサイ、600メートルの「アジサイ並木」の西洋アジサイが、花しょうぶとともに咲き乱れます。

入園料:大人800円

    小中学生・70歳以上350円

    幼稚園以下無料

 奧山高原

☆奧山高原

期間:5月26日~7月上旬

10時~17時 火曜日定休

住所:浜松市引佐町奧山堂ノ上1736-1

駐車場:200台(無料)

TEL:053-543-0234

 

70種類約10万株。奧山高原の土壌には石灰石(ライムストーン)が含まれているため、「ライムストーン・パープル」と呼ばれる、パープルの色鮮やかなアジサイがとても美しく咲き誇ります。

入園料:大人500円

    小中学生300円

 奧山公園

☆奧山公園・方広寺・奧山高原・竜ヶ石山ハイキングコース・伊平川堤・清水の里

期間:5月23日~7月上旬

住所:浜松市引佐町

駐車場:30台(無料)

TEL:053-542-1113

引佐観光協会

 

引佐町の奧山と伊平の二つの地域では、沿道や公園で約2000株の紫陽花が見られます。この期間フォトコンテストやあじさいの句を募集するなど「いなさあじさいまつり」を開催します。

 極楽寺

☆極楽寺

期間:6月1日~7月2日

9時~17時

住所:森町一宮5709

駐車場:あり(無料)

TEL:0538-89-7407

 

遠州の小京都森町にある「あじさい寺」として知られる極楽寺のは、表参道より裏山に至るまで、30種類以上約13000株のあじさいが群生し、境内全体があじさいでつつまれます。

入園料:中学生以上700円

    小学生100円

 

 本勝寺

☆本勝寺

期間:6月上旬~下旬

9時~17時

住所:掛川市川久保8

駐車場:あり

TEL:0537-74-2050

 

遠州随一の花の寺として有名な本勝寺の境内に約70種10000株のあじさいが咲き誇ります。

入園無料

 花鳥園

☆加茂荘花鳥園 オリジナル花菖蒲・アジサイ展

期間:4月21日~7月1日

8時~17時

住所:掛川市原里110

駐車場:200台(無料)

TEL:0537-26-1211

 

花菖蒲は登園が作り出した早咲きの新品種をご披露。展示温室では壮麗なアジサイヒルズと降り注ぐ吊花がお出迎え。

誕生したばかりのアジサイ最新品種も鑑賞出来ます。

4月21日~6月24日 中学生以上1500円 小学生以下無料

6月25日~ 中学生以上1000円 小学生以下無料

 あらかわ

☆あらかわふるさと公園

期間:6月上旬~7月中旬

8時~17時

住所:御前崎市下朝比奈158-7

駐車場:無料

TEL:0537-85-8230

 

ふるさと交流拠点施設「あらかわふる里公園」で約2000本のあじさいが見頃を迎える。

 

~マックスバリュ和田小冊子より~

 

 

 

 

 

 

浜松市人気のハート接骨院♡求人大募集!!

P2250008

静岡県浜松市のハート接骨院は

下記の資格保持者を大募集!!

〇柔道整復師

〇鍼灸師

〇あん摩マッサージ師

 

年中無休のハート接骨院は週1回の勤務でも大丈夫!

平日や土日祝日の

10:00~15:00もしくは15:00~20:00

で勤務可能な方はお気軽にご連絡下さい。

よろしくお願い致します。

 20180413_121518

ハート接骨院

浜松市東区和田町203-4

053-462-5200

Free ticket フリーチケットさんが本日オープンしました!!

2018.5.8本日、マックスバリュ和田店のディスカウントチケットショップ

 Free ticket フリーチケットさんがオープンしました!!20180508_132522

 20180508_132706

新幹線・在来線・私鉄・バスのチケットや、郵便関係(切手、ハガキ、レターパック等)、各種商品券、図書カード、映画チケット ・・・などなど、幅広く取り扱っていらっしゃいます☆

20180508_132258

 

 

 

まだまだ種類も増えていくようなので、楽しみです(^^) ちなみに外の自販機は24時間いつでも購入できるようです。

是非皆さん、色々なチケットを高価販売・お得に購入してみて下さい!!

 

 

 

100円ショップダイソーさんもオープンし、マックスバリュ和田店が盛り上がってまいりました。

マックスバリュ和田店ですべてが揃ってしまいますよ♪ 是非ご活用ください!

本日も診療しています!!

浜松市和田町マックスバリュ和田店にあるハート接骨院は、

本日も終日診療致しております。 

20180413_121518

祭りやスポーツの疲れや怪我など、体のケアを専門的に行っております。

ただ今診療中ですのでいつでもご来院下さい。

お気を付けてお越し下さい。

 P2250008

ハート接骨院

浜松市和田町203-4

マックスバリュ和田

053-462-5200

年中無休

各種改善運動

浜松市マックスバリュ和田店、新店舗オープン!!

浜松市のマックスバリュ和田☆各店舗開店の準備が進み、さあいよいよ来月オープンの動きです!

20180424_114747

20180424_114518

 

20180424_114449

 

近隣の住民の皆様は凄く楽しみにしているようで、今年のゴールデンウィークは賑わいそうですね!

 

なにかオープン記念とかやるのかなと勝手に期待しています! 皆様、ゴールデンウィークは是非ともマックスバリュ和田店へ~

 

 

 

浜松市のハート接骨院は年中無休の為、土・日・祝日も診療しています。

お困りの際は、お電話ください!

詳しくは、ホームページ左上の保険診療案内をご覧下さい。

浜松市東区和田町203-4マックスバリュー和田店

ハート接骨院 053-462-5200 年中無休

怪我・痛み・交通事故・労働災害・スポーツ障害・むち打ち矯正・整体・整骨など

 

 

 

 

 

浜松市ハート接骨院 人気のバイク先生!!

浜松市ハート接骨院かの有名なバイク先生の難関試験合格祝い&送別会を祝いました。

バイク先生を知る皆さん、ありがとうございました。

 20180421_233739

人気のバイク先生はもっと大きな病院で働くことになり、社会に貢献致します。

いままでありがとうございました。

 20180421_234621

そして、今後ともハート接骨院をよろしくお願い致します。

ハート接骨院は年中無休です。ゴールデンウィークも終日開院しております。

 IMG_20180422_001500_382

ケアや怪我や事故など診療致しますので、お困りの際はご来院下さい。

朝10:00~夜8:00(受付7:30)まで

 IMG_20180422_001500_384

むち打ち、捻挫、打撲、挫傷、軟部損傷、骨折、脱臼など怪我やスポーツ障害、交通事故(専門の顧問弁護士付き)を専門にしております。何なりとご相談下さいませ

ハート接骨院 053-462-5200

 

IMG_20180422_001500_383

 

☆2018.04.15 浜松オープン☆

スポンサーをさせていただいたJAWS WESTの選手でもあり、本院スタッフの沙織先生が、柔術無差別級で優勝されました!!

 

2 (1)

 

 

2 (2)

 

 

3

 

 

今後の活躍もスタッフ一同応援しています!!頑張ってください☆

 

 

ハート接骨院では、スポーツ選手のケアをしています。

試合・大会前など万全な準備に備えるよう、お困りの際にはご来院ください!

毎日10~20時までお昼休みなく診療しております。受付時間は19:30までとなります。

 

浜松市東区和田町203-4 マックスバリュー和田店内

053-462-5200

 

浜松まつり☆2018

4月に入り、あと1か月で浜松まつりとなりました!!

各町では、準備をしている光景をときどき目にします。

浜松まつりを詳しくまとめてみました♪

 

 

☆浜松まつりとは

毎年5月3,4,5日に開催される浜松まつりは、100万人以上の観光客が訪れる日本有数のまつりとして知られています。昼間は中田島砂丘で勇壮な凧揚げ合戦、夜は中心市街地で絢爛豪華な御殿屋台が引き回されるほか、郷土芸能や吹奏楽パレード、ミス浜松まつりコンテストなど、3日間楽しめるイベントが盛り沢山。まつり期間中は町中が熱気と興奮に包まれます。町民の声によって生まれた浜松まつりには、現在、市内174か町が参加、老若男女を問わず誰でも参加できる市民のまつりとして発展し続けています。

 

☆浜松まつりの歴史

浜松まつりの起源は、今からおよそ450年前の永禄年間(1558~1569年)に当時浜松を治めていた引馬城主の長男誕生を祝って凧を揚げたことが始まりとされています。

また、遠州地方には古くから長男が生まれると端午の節句に凧を揚げて祝う風習が定着しており、「遠州のからっ風」と呼ばれる強い風が吹くこの地は、気候的にも凧揚げに好条件であり、子どもの誕生を祝う「初凧」の伝統は、今日の浜松まつりへと時代とともに姿を変えこの地に根付いています。

 

☆凧揚げ合戦とは

5月3日、午前10時。開会式の花火の合図とともに、約170か町の凧がいっせいに揚げられ、空は凧一色で埋め尽くされます。続いて、激闘を鼓舞するラッパの音とともに数百人が入り乱れての凧揚げ合戦が始まります。太さ5ミリの麻糸を互いに絡ませ、摩擦によって相手方の糸を切ることから「ケンカ凧」とも呼ばれます。糸と糸がこすれ合う焦げた臭いと砂埃が立ち昇ると、会場は熱気と興奮に包まれます。浜松っ子の心意気が真正面から激しくぶつかり合う、これが伝統の凧揚げ合戦なのです。

168720_hamamatsumatsuritakoage7

 

☆凧揚げ合戦の歴史

凧揚げ合戦が本格化したのは明治20年頃。

あちらこちらの広場で行われていた凧揚げを1カ所に集まって開催しようと、現在の和地山公園で凧合戦が行われたのが大正8年。戦争による一時中断を経て、昭和23年、浜松市凧場会主催により第1回の凧揚げ合戦が盛大に行われました。戦前は約50か町が参加していた合戦ですが、2009年には史上最多の174か町が参加、ますます盛り上がりを見せています。

 

☆凧の大きさ

凧の大きさは2帖~10帖まで。

初凧は4帖(1辺2.4m)が主流で、凧揚げ合戦には4帖と6帖(1辺2.9m)が適しています。

img-kitesize

 

☆糸わく

大きな糸巻きのような道具

img_3

 

☆テギ

糸を早く引く時に使う滑車のような道具

風の無い時に凧を揚げる時にも使います

130512テギ栓抜き

 

☆御殿屋台引き回し

凧合戦の興奮も冷めやらぬ夕暮れどき、浜松まつりの舞台は中心街へ。ベテランの弾き手がつまびく三味線の音、きれいにおめかしした子どもたちの笛とお囃子を合図に、絢爛豪華な御殿屋台がゆっくりと動き出します。

各町それぞれが趣向を凝らした彫物や提灯で飾りつけられた豪華な御殿屋台は、祭典絵巻のような美しさで見る人を魅了します。

P1050431

 

☆御殿屋台の歴史

浜松まつりの御殿屋台の始まりは明治の末頃。凧合戦の帰りに大八車の四隅に柱を立てて凧を屋根がわりにして引いていたところ、伝馬町若松座の森三之助丈という役者が芸者衆と一緒になって鐘や太鼓ではやしたてたのがきっかけと言われています。造花や提灯を飾り付けた底抜け屋台が登場したのは大正4年。昭和3年頃から各町が競って格調高い屋台を造るようになりました。昭和6年には二重屋根で彫り物がたくさんほどこされた重層突破風入母屋造りなどの御殿屋台が続々登場。現在の絢爛豪華な御殿屋台が浜松まつりの夜を彩るようになりました。

 

☆激練りとは

激練りは、大凧、御殿屋台と並ぶ、浜松まつりのもう一つの顔。凧揚げ会場で繰り返されていた練りは、夜の屋台引き回しで最高潮に達します。すり足で練り進む法被姿の一団が、うねりとなって「オイショ、ヤイショ」の掛け声とともに激練りを展開。華麗な御殿屋台の光に激練りの姿が幻想的に浮かび上がり、この瞬間、町は興奮のるつぼと化します。

maxresdefault

 

 

☆各町の凧印、屋台、法被

「凧印」・・・凧に描かれた文字や絵柄などの印のこと。

「御殿屋台」・・・重層、唐破風(からはふ)、入母屋造りと豪華でまばゆいばかりの屋台。彫刻の題材も子どもの健やかな成長を願うものや縁起物など様々で、各町の思いが伝わってくるようです。

「法被」・・・デザインは凧印と同じか、アレンジしたものが主流ですが、中には全く別のものなど、町内によって多様な個性が見られます。

yjimageZP8J1FFJ

 

マックスバリュ和田店小冊子より

残り1か月!!楽しみですね♪♪

 

 

浜松市のハート接骨院は年中無休の為、土・日・祝日も診療しています。

お困りの際は、お電話ください!

詳しくは、ホームページ左上の保険診療案内をご覧下さい。

浜松市東区和田町203-4マックスバリュー和田店

ハート接骨院 053-462-5200 年中無休

怪我・痛み・交通事故・労働災害・スポーツ障害・むち打ち矯正・整体・整骨など