blog

★11月8日はレントゲンの日★

 

Wilhelm_Röntgen_by_Nicola_Perscheid_1915b

1895年のこの日、ドイツの物理学者ヴィルヘルム・コンラート・レントゲンがX線を発見した。

レントゲンは、真空管に高電圧をかけて実験をしている時に、真空管の外に置かれた蛍光紙が明るく光ることに気附いた。真空管と蛍光紙の間に1000ページもの厚さの本を置いてもこの光は透過した。そこでレントゲンは、この光に「正体不明」という意味で「X線」と名附けた。

後の研究で、X線は、波長がたいへん短い電磁波であることが判った。波長が短いため体を通り抜けることができ、体の部位や状態によってその通り抜け方が違うことから、体の内部の様子を撮影することができる。

 

ヴィルヘルム・コンラート・レントゲン(Wilhelm Conrad Röntgen、1845年3月27日1923年2月10日)は、ドイツ物理学者1895年X線の発見を報告し、この功績により、1901年、第1回ノーベル物理学賞を受賞した。ウィキペディアより

illust3782

 

heart sekkotsuin logo

ハート接骨院は、朝10:00~夜20:00まで診療致しております。

急な怪我、交通事故でお困りの際はご連絡ください。

宜しくお願い致します。

静岡県浜松市東区和田町203-4

 ハート接骨院

TEL 053-462-5200