blog

☆もうすぐひな祭り☆

image

 

「ひな祭りとは」

ひな祭りは33日に行われる行事で、「上巳の節句」「桃の節句」とも呼ばれる五節句のひとつです。

 

江戸時代から女の子の行事として一般的に祝われるようになったといわれています。

雛人形や桃の花を飾り、ひなあられや白酒などをお供えして、女の子の健やかな成長を願います。

 

「ひな祭りの由来」

ひな祭りは「上巳(じょうみ)の節句」とも言われ、平安時代に始まりました。

その時代は高貴な生まれの女児の厄除けと健康祈願のお祝いとして行われていました。

その後、庶民にも浸透し今に至ります。

 

ひな祭りは単なるお祭りではなく、お七夜やお宮参りと同じように女児の健やかな成長を願う「行事」であり、お雛様はその女児に降りかかろうとする災厄を代わりに引き受ける災厄除けの守り神のようなものなのです。

 

「ひな祭りの食べ物」

・ひなあられ

gahag-0045848318

ピンク、緑、黄、白の4色でそれぞれ四季を表していると言われています。でんぷんが多く健康に良いことから「1年中娘が幸せに過ごせるように」という願いが込められています。

 

・菱餅(ひしもち)

2075_1

色には意味があり、緑は「健康や長寿」、白は「清浄」、ピンクは「魔除け」を意味すると言われています。

 

・はまぐりのお吸い物

20170201_3167

はまぐりの貝殻は、対になっている貝殻でなければぴったりと合いません。このことから、仲の良い夫婦を表し、一生一人の人と添い遂げるという願いが込められた縁起物です。

 

・ちらし寿司

11014031262

ちらし寿司の中の具に意味があり、えび(長生き)、れんこん(見通しが効く)、豆(健康でまめに働ける)など縁起のいい具が祝いの席にふさわしいとされています。

 

 

・白酒

0006-0006-jp-00011-bi-01_20

もともとは桃の花びらを漬けた「桃花酒」というものが飲まれていたといわれています。桃は邪気を祓い、気力や体力の充実をもたらすとされています。

 

「関東の雛人形」

関東で作られる人形は関東雛と呼ばれています。

関西の人形と比べると目は大きく、顔立ちがふっくらとしていて可愛い顔立ちをしています。

一般的によく売られているのがこの人形で皆様がよく目にするのは、関東雛ではないかと思います。

また関東ではお内裏様が向かって左側に座っています。

 

「関西の雛人形」

関西で作られる人形は京雛と呼ばれています。

京雛の顔立ちは鼻筋がスッとしていてくっきりしていますので、どことなく凛々しい印象を受けます。

 

関西では雛人形をひな段に並べる時、お内裏様が向かって右側に座っています。

 

理由は並べ方に決まりがなかった関東とは違って、関西ではどちらが右か左か決まっていたからです。

h-info2-point2-2

 

「雛人形を飾る時期」

明確な決まりはないですが、遅くともひな祭りの一週間前までには飾った方が良いと言われています。

また、飾る日として特に縁起が良いとされるのが以下の日です。

 

立春「本年は24日〈日〉」

節分で厄を払った後であり、春を迎える節目

雨水「本年は219日〈月〉」

雪が雨になり、本格的に春を迎える季節

 

また上記とは別に大安の日も雛人形を飾る日として好まれます。

 

可睡斎ひな祭り

開催日:201811日〈月・祝〉~43日〈火〉

時間:午前8時~午後5

場所:可睡斎 袋井市久能2915-1

拝観料:500円〈小学生以下無料〉

    〈室内ぼたん園・諸堂拝観含〉

禅寺の春。お子様の健やかな成長にご利益を・・・

  〈事前申し込みあり〉

 

徳川家康公と深きゆかりのある禅寺「秋葉総本殿 可睡斎」では、新春元旦より「可睡斎ひな祭り」を開催します。

国登録有形文化財・瑞龍閣に、32段・1200体のお雛様を飾り、来場者をお迎えする可睡斎ひな祭りも今年で4回目。期間中はお雛様やつるし雛の展示をはじめ、体験教室やイベントなどを開催。

精進料理・特別ひな御膳〈要予約〉もご用意されています。新たな試みとして「2000体のさるぼぼ」の展示をご用意し、会場をより鮮やかに彩ります。

 

紀伊国屋資料館のおひなさま展

開催日:2018年1月30日〈火〉~3月11日〈日〉

    休刊日/月曜日〈月曜が祝日の場合は開館〉

時間:午前9時~午後4時30分

場所:新居宿旅籠 紀伊国屋資料館

    湖西市新居町新居1280-1

入館料:大人210円 子供100円

 

江戸時代から現代までの雛人形を紹介

新居関所近くの旅籠「紀伊国屋資料館」で恒例のお雛様の展示が行われ、江戸末期から昭和40年代にかけてのひな人形が館内に並びます。約200年前の江戸時代、町内で質屋を営んでいた倉地家が、高貴な人物から譲り受けたと思われる5人ばやしの人形や、江戸時代から現代までの雛人形10組ほどが飾られ、華やかな雰囲気に包まれます。

 

マックスバリュー和田店小冊子より