blog

☆もうすぐハロウィン☆

10月も半ばになり、すずしくなってきました。

もうすぐハロウィンです☆

ハロウィンについてまとめてみたので、ご覧ください♪

7cefac55b56fd1f3fb2f3a64aaacfdf2

 

☆ハロウィンとは☆

ハロウィンとは毎年10月31日に行われる、キリスト教の「万聖説」と呼ばれる、聖人を記念する祝日の前夜祭で、秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す祭りです。

もともとは古代ケルト民族(スコットランド・アイルランド地方)の祭りであるとも言われています。

 

 

仮装するのはなぜ?

古代ケルト民族において10月31日が1年の終わりであり、その晩に死者の霊が親族のもとに訪れると考えられていました。

現生に戻った死者の霊はしばしば悪霊と化し、子どもをさらうと考えられており、子どもたちは悪霊の仲間と思わせるためにお化けや魔女の姿に仮装して街を練り歩いたと言われています。

これがハロウィンに仮装するようになった由来です。

 

☆Trick Or Treat☆

ハロウィンの日の没後、仮装した子どもたちが近所のお宅を訪問して、

trick Or Treat(トリック・オア・トリート)」

と唱えてお菓子をおねだりします。

「お菓子をくれないと、いたずらしちゃうぞ」

という意味です。

大人は子ども(おばけや妖怪)を歓迎して、

Happy Halloween!(ハッピーハロウィン)」

と答えてお菓子をあげましょう!

 

リンゴもハロウィンアイテム?

秋の収穫祭もかねているハロウィン。

発祥国であるアイルランドやスコットランドでは、ハロウィンのお祝いにリンゴを使った伝統行事を行ったり、リンゴを食べる風習があります。

アップルサイダーやリンゴ飴(トフィールアップル)、アップルパイを食べるのが一般的のようです。

a1180_000060_m

 

☆ジャック・オ・ランタンの由来☆

ハロウィンにかかせない存在であるかぼちゃのランタン。

もともとらんたん飾りには魔除けの火としてハロウィンの日に現れる悪霊を退ける役割がありますが、ヨーロッパからアメリカにハロウィンが伝わった際に、かぼちゃを使うようになったようです。

ちなみに、

「ジャック・オ・ランタン」の名は、魔除けのランタンを使った人物(ジャック)に由来しています。

ef698447d1ce45cb84e8ac952c3b75d8

 

ちなみに・・・

「色が似ている」「簡単に作れる」ということで、日本では柿に顔を書いたジャック・オ・ランタンがひそかなブームになっています。CwKxIlaVIAAD2Qo

 

~マックスバリュ和田店小冊子より~