blog

「バイク先生の試乗インプレション(Vol.6 BMW R Nine T)

皆さんこんにちは。バイク先生の試乗インプレッション、

今回はドイツのBMWになります。 今日皆さんに紹介する

のはR Nine Tというモデルで、排気量1169ccで2気筒エン

ジンです。 Nine T(ナインティー)というのはBMWのバイクが

登場してから90周年になるという由来だそうです。

CIMG7635

 

 

 

 

 

 

CIMG7636

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG7638

 

 

 

 

 

 

 

CIMG7643

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンジンが左右に突き出ていて、ひと昔のカフェレーサーを

思わせる外観で、左に縦2本出しのマフラー、スポーク

ホイールです。ABSはありますが、これと言った電子制御系の

装備はなく、シンプルなクラシカルバイクです。

 

CIMG7652

 

 

 

 

 

 

シートは78.5cmと低めなので、足着きはいいです。

重量はガソリンを入れて222kgと軽めに仕上がっているた

め、 支えることや取回しはリッタークラスでは軽い部類

です。 気になったのは、発進時にクラッチのつながるタイ

ミングが遅いくらいでした。

 

1950220404_34

 

 

 

 

 

 

 

早速幹線道路で走行しましたが、低回転からのトルクは

やはりモリモリで、しかも2気筒なので強力に引っ張っていく

のを感じますね。 トルクもありますが、馬力も110馬力ある

ためスロットルを開けると見た目に見合わない加速ができ、

アグレッシブな印象です。燃料タンクが見た目が大きいです

が、走行中は重心などは気にする必要はありません。 サスペ

ンションは、内部に1本の大きなサスペンションを搭載してい

ます。 ホイールベースも短いため、路地に入っても小回りも

効きます。 ただしフロントのダブルディスクブレーキの反応

が鋭く、ちょっと引くだけでも前へカックンと効くので、

制動には慣れが必要です。 計器盤は、速度、回転計、ギア、

時計、燃料計、走行距離と基本的な表示はすべて可能です。

CIMG7641

 

 

 

 

 

 

 

 

BMWではアメリカンのようなロング&ローのクルーザーは、

昔は日本でも存在しましたが、旧車なので今は中古でしか出

回っていません。しかしR Nine Tはラインナップの中でも重

心が低いバイクなので、走行中の安定性は特に優れますね。

それでトルクも馬力も出て、軽い車体を活かした機動力で、

スポーツ走行ができる特性もあります。エンジンサウンドは

低音寄りで、渋い始動音でした。値段は新車で192万5000円

なので、保険や整備・登録・税金で200万円は必要になるそう

です。ドイツはBMW・アウディ・ベンツを始め、乗り物の

品質は格別ですからね。BMWのバイクは車種にもよりますが、

100万円を切るものから300万円超えるものと価格幅があります。

日本のバイクもいいですが、同じ排気量のモデルで比較しても、

海外のバイクはやはり違った雰囲気を醸し出すので、そこが輸入

車の魅力でもありますね。実はこの時もう1台試乗したのですが、

その記事は次回のお楽しみと致します。

 

 

  

ハート接骨院は年中無休で開院致しております。

交通事故の怪我、応急処置等、いつでも診療致します。

 

住所 : 浜松市東区和田町203-4 マックスバリュ‐和田店内

診療時間 : 10~20:00(19:30受付終了)

TEL : 053-462-5200