blog

「バイク先生の試乗インプレション(Vol.7 BMW R1200RT)

 

皆さんこんにちは。バイク先生の試乗インプレッション、

前回のR Nine Tに引き続き、 次は僕があまり乗ったことの

ないツアラーです。

CIMG7657

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG7658

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG7655

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG7678

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じくBMWで、R1200RTはミドルクラスのツアラーバイクで、

実に長距離をツーリングするために作られました。

 

 

 

エンジンは、R Nine Tと同じ水平2気筒エンジンで1169ccです。

 

ですが・・・、今度は車格がとてもでかいです。燃料を入れると

274kgにもなります。 横の長さは大した長さでもありませんが、

前はカウル、後ろは2個のパニアケースで幅がとてもあります。

 

CIMG7661

 

 

 

 

 

 

 

CIMG7662

 

 

 

 

 

 

 

 

dddd

 

 

 

 

 

 

機能はとても充実しており、ボタンで電子制御でサスペン

ションのセッティング、エンジンの出力切り替え(ロード、

レイン、ダイナミック)、グリップヒーターの調節、風防の高さ

その他機能の表示切り替えと多彩です。ディスプレイはLEDパネ

ルになっています。

 

 

 

僕が乗ってみると、幅のある前後から見ると完全にすっぽり僕は

入りこんでいます。

CIMG7675

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG7676

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG7677

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしシートはR Nine Tよりさらに低い76cmで、両足が

しっかりと地面に届く、数少ない低重心のツアラーです。

これは本当に安心感がありますね。

 

 

 

後ろのパニアケースがある分幅がすごいですが、走ると後ろの

重量感がまったく気にならず、コーナリングでも違和感があり

ません。ケースも見た目は大きいですが、1個外して持っても

数kgと大した重さでもありません。さすがにすり抜けは絶対や

らない方がいいですね。普通のバイクはミラーが超えれば後ろを

気にしなくてもよかったのですが、今度は後ろの方が幅を取る

ため、当たってしまう恐れがあります。見た目がでかいので走

行しても存在感は抜群です。

 

 

 

そして、長距離を運転するライダーのための装備はこれだけで

ありません。 BMW独自の、「シフトアシストPro」という機構で、

走り出せばクラッチレバーを握る必要がないです。左足のペダル

だけで2、3、4、5、6と変速できるんです。 クラッチ接続時の

衝撃がないので、乗り心地の向上につながります。

 

クラッチを握るのは停車時だけなので、長時間走った時の左手の

 

疲労は大幅に軽減されるかと思います。

 

 

 

今回は、サスペンションは「ソフト」、走行モードは

「ダイナミック」、グリップヒーターは「一番弱い」のモードで

走行しました。

 

走行モードが、レイン、ロード、ダイナミックと状況に応じて

使い分けができ、ポテンシャルを常に発揮できます。

 

 

 

風防が左手のボタンで上下に電動で動かすことができるので、

風が強い道路ではライダーを完全に囲ってくれます。一番下げた

時と一番上げた時で風防の位置が違います。

 

 

 

走行中は、フロントはこんな感じでライトが点灯します。

 2つの丸いイカリングライト、1つのヘッドライトがいかつ

くて眩しいですね。 ミラーとウインカーはカウルに一体化

しています。 左に突き出たものはアンテナで、ラジオも

聴けます。今回R1200RTが偶然試乗できたため、音楽データを

持って来ませんでしたが、 USBでハーレーのツーリングモデルと同じ

ように、オーディオも聴けます。

CIMG7672

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG7668

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1950222147_80

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

計器盤上のパネルは電極が隠れていて、後からナビも取りつける

こともできるんです。好きなナビを選んで装着できます。

 

 

 

 

 

ツアラーはとにかく、機能が満載でぜんぜん使い切れていません。

 

 

 

他にもR1200RTは、カウルにはオーディオのスイッチ類、

パニアケースはこんな感じで開きまして、不要な時は取ることも

できます。 低重心なので、取回しも慣れれば車格の割にそれほど

大変でないかと思われます。

CIMG7671

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG7673

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真はないですがセンタースタンドがありましたが、僕がひいたら

全然びくともしませんでした。274kgですからね・・・。お店の人

曰く、体重を使ったコツがあるそうですが・・・。あぁ、一日かけて

バイクで遠い地へ旅に出たい・・・・

 

とつぶやくバイク先生でありました。でも臨床検査技師になって

就職してからの夢であります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハート接骨院は年中無休で開院致しております。

 

交通事故の怪我、応急処置等、いつでも診療致します。

 

 

 

住所 : 浜松市東区和田町203-4 マックスバリュ‐和田店内

 

診療時間 : 10~20:00(19:30受付終了)

 

TEL : 053-462-5200