blog

【金運上昇・商売繁盛】初山 宝林寺へ行ってきました。

浜名湖 湖北五山

初山 宝林寺(中国明朝風建築様式:国指定重要文化財)

 5

初山宝林寺は、江戸時代の初期、寛文4年(1664年)に、旗本金指近藤家2代目当主、登之助貞用公の招きに応じた明国の僧、独湛禅師によって開創された黄檗宗の寺院です。

 以来宝林寺のは、金指近藤、気賀近藤両家の菩提寺として寺領百石を有し、黄檗禅の専門道場として、遠州(静岡県西部)地方の黄檗文化の中心地として栄えました。

 創建当時は7堂伽藍も整い、その建物の多くは中国明朝風の建築様式でありました。現在でも「佛殿」「方丈」「山門」「報恩堂」等に当時のおもかげを残しています。

 

 

佛殿【国指定重要文化財】

・・・寛文7年(1667)に建立された。中国明朝風の建築様式を現代に伝える大変貴重な建築物。正面に本尊釈迦三尊像(釈迦如来、迦葉尊者、阿難尊者)左右の逗子に、「達磨大師像」「武帝像」、両側の壇上には二十四天の善神像を祀る。京都宇治萬福寺の諸仏像と同じ中国様式を伝える、黄檗宗独特の諸像である。

 

本尊釈迦三尊像【静岡県指定文化財】

 7

 

二十四善神立像【静岡県指定文化財】

 6

 

方丈【国指定重要文化財】

2017022318162995c[1]

住職の起居堂として、また、雲水(修行僧)たちを指導する禅問答の場として、正徳6年(1716)に建立された。中央佛間に独湛禅師の等身大の木像を祀る。

 

金鳴石

1

「支那金鳴石初山永宝」と彫り込まれ、叩くと澄んだ音が鳴る。金運上昇・商売繁盛(金のなる)のご利益があると伝えられる摩訶不思議な石。

 

報恩堂【浜松市指定文化財】

631f9b6fdc484881efba603354032d43[1]

総ての恩に報いるために独湛禅師が建てたお堂である。正面に宗祖隠元禅師の等身大の木像を祀り、近藤家代々のお位碑や、独湛禅師のご両親のお位碑が安置されている。

 

 

 

浜松市のハート接骨院は年中無休の為、土・日・祝日も診療しています。

お困りの際は、お電話ください!

詳しくは、ホームページ左上の保険診療案内をご覧下さい。

浜松市東区和田町203-4マックスバリュー和田店

ハート接骨院 053-462-5200 年中無休

怪我・痛み・交通事故・労働災害・スポーツ障害・むち打ち矯正・整体・整骨など