blog

お彼岸とは?

もうすぐ秋のお彼岸です。

お彼岸について詳しく見ていきましょう!

 

 

春彼岸:毎年3月の春分の日をはさんで前後3日 合計7日間

秋彼岸:毎年9月の秋分の日をはさんで前後3日 合計7日間

 

☆2018年 秋のお彼岸の日程☆

彼岸入り:9月20日

お中日:9月23日(秋分の日)

彼岸明け:9月26日

 

それぞれの初日を「彼岸の入り」、終日を「彼岸のあけ」といい、

春分の日・秋分の日を「お中日」といいます。

 

秋の初彼岸は?

故人が亡くなってから初めて迎えるお彼岸を「初彼岸」(はつひがん)と呼びます。

普段のお彼岸と同じように、彼岸入りには仏壇・仏具を清め、お彼岸の期間はお花やお供えを供えましょう。初彼岸だからといって特別なことはないですが、家族みんなでお墓参りに行って故人や先祖を供養できると良いですね。

 

お彼岸の迎え方・準備

お彼岸を迎えるには次のような準備をします。

●お仏壇、仏具の掃除

●お墓の掃除

●供花やお供え

彼岸花

 

お墓参り

お墓参りは、ご家族みんなで出かけましょう。

お墓は、家族全員でお守りしていくべきものです。

両親がご先祖様を祀る姿は後の世代に受け継がれてゆくことでしょう。

お墓参り

 

『ぼたもち』『おはぎ』の違い

 

『呼び名』

春に咲く牡丹の花にちなみ、春は「ぼたもち」と言い、秋は萩の花にちなんで「おはぎ」

といいます。

 

『形の違い』

牡丹は大きくて丸い花、萩は小さくてやや細長い花。

そこで、「ぼたもち」は大きめで丸い形に、「おはぎ」は小ぶりで俵型に作ります。

 

『あんの違い』

材料となる小豆は秋に収穫されます。

とれたての小豆が使える秋は、皮ごと使った粒あんに、冬を越した春は、かたくなった皮を取ってこしあんにして使っていました。

そういった理由で、「ぼたもち」はこしあん、「おはぎ」は粒あんを使って作ります。

おはぎ

 

浜松では・・・

 

彼岸団子

お彼岸に彼岸団子(つみ団子)をお供えする風習もあります。

10個の団子をピラミッド状に積みますが、場所によっては20個の団子を積む地域もあるそうです。

 

秋彼岸会

鴨江観音では、秋分の日を挟んで前後3日間、都合7日間盛大な法要が営まれます。

聖観音を本尊歳、「鴨江の観音様」「おかもえ」として親しまれ、縁日には植木市をはじめ、多くの店が立ち、多くの参拝者でにぎわいます。

初盆のための初彼岸参り、亡き父母、亡き親しい人のための先祖供養、孝行参り、水子供養、ペット供養、などに心をこめてお詣りします。

 

期間:2018年9月19日~9月26日まで

時間:午前8:30~午後8:00頃まで

   (時間は前後することがあります)

   最終日は18:00まで

 

~マックスバリュー和田店小冊子より~