blog

バイクラッシュ!!

皆さん、こんにちは。新人クンは、先週雨でバイクに乗れませんでしたが、今回は天気も良くなり、2週間ぶりにバイク試乗しました。昨日は勤務の後、あるお店で3台のバイクに乗れました。
 
①カワサキのニンジャ250SLです。 SLはSuper Lightの略で、車重は149kgです。エンジンはシンプルな単気筒です。 それでも29馬力出せて、エンジンはよく回ります。 取り回しやコーナーはとても軽いです。コンパクトな車格でホイールベースは少し短めです。乗車中足は若干窮屈な感じはしましたが、悪くはありません。 試乗コースが2kmと短かったため、性能は味わえませんでしたが、軽いので使い勝手はいいんですよ。小さくても、コクピットのアングルはしっかりしたスーパースポーツです。CIMG5215

CIMG5223無題

②次はカワサキで初の大型にチャレンジです。先月登場したばかりのバルカンSです。 排気量は650ccと、アメリカンの中では排気量的に中間の存在です。 重量は軽くはないですが、極端に重くはありません。 大型アメリカンは一気に900ccくらいまで跳ね上がりますからね。アメリカンとしては珍しく、回転計も付いていて吹け上がりも期待でき、スポーツ走行も可能です。ただし構造上コーナーで傾け過ぎるとパーツが地面に擦れるためほどほどに。僕はロング&ローのアメリカンのテイストが好きなんですね。

 

CIMG5228CIMG5235f

③オーストリアのKTMから、コンパクト・速い・軽い・安い(特に390Duke)の揃った Dukeシリーズで、チャンスがあって偶然試乗できた690Dukeです。 中型二輪時代は125、200、390ccの3兄弟を味わいましたが、 さらに上の690ccです。690ccですがこれで単気筒です。普通は大型クラスは2気筒以上が主流です。単気筒の中では最大級になります。 乗ると、大きなシリンダー1本だけで動くエンジンからの振動はすさまじいです。 普通単気筒は振動が大きいですが、排気量が大きいためなおさらです。 単気筒特有の1発の爆発力は恐ろしく、スロットルに過敏に反応します。 あっという間に加速してしまいます。 しかも車体重量は、ニンジャ250SLとほぼ同じ150kg程度ですね。250ccより軽く、排気量は690ccで最高馬力は70馬力だそうです。パワーウェイトレシオは2くらいです。(小さいほど加速力は鋭い。) KTMは鍛造された部品を使うため、強度と軽さが両立できるんですね。それで車体はコンパクトですね。

 CIMG5238

CIMG5243

v

 

ハート接骨院は1020時まで年中無休で診療いたしております!!

ライダーの皆さんもぜひ当院で走った後の疲れを癒しませんか?

TEL 053-462-5200

CIMG5245