blog

バイク先生の秋のレンタル②

皆さん、こんにちは。バイク先生のハヤブサ

レンタル、続きをUP致します。

1129(2日目)は朝5時に起床し、

日がのぼった6時過ぎに装備を整えました。

もう冬仕様のレザー装備で、着替えが時間が

かかりました。

 1

2

3

その直後で、ハヤブサが安全に出庫できる

かが気がかりでした。私はこれまでに大型モデル

4台レンタルしたことがありまして、エンジ

ンを止めた状態での取回しに関しては問題なく

こなせました。しかしハヤブサの場合は大き

さと重量から取回すことは容易ではなく、

家での駐輪場所はかなり限定しました。

家の敷地も傾斜している関係で、下手に奥ま

で乗り入れようとすると切り替しのスペースが

ない上、傾斜で足を踏み外せば転倒してしまう

からです。今までレンタルしてきたバイクとは

出庫の仕方を大幅に変えました。

私は基本的に家の傾斜のある敷地でバイクを

取回すと時は、跨いで移動させていました。

ハヤブサの場合は、跨いでも両足がつま先しか

着かないため地面を蹴る力がうまく伝わらず、

片足では傾斜の勢いでバランスを崩す可能性が

ありました。どのようにあの重たいハヤブサを

出庫させたのかと言いますと、答えは簡単です。

そのままギアをNにしてスタンドを払い、

跨がずに後ろにバックして出庫させました。

車体のセンターがしっかり出ていれば、

かかってくる重心がが軽減されるのですが、

うっかり反対方向に傾けば支えきれずに

横転する可能性があり、自分側に若干寝か

せて自分もよさりかかった状態で後退さ

せました。傾斜を出てしまえば、平地で

の取回しは他のバイクと変わらずこなすこ

とができます。

 4

5

6

朝はさすがに肌寒かったため、エンジンも

冷えていました。暖気しながらゆっくり

走りだしました。まだ真冬でないため、

始動性は神経質に考える必要はありません。

しかしタイヤも走りだしは冷えているため、

急発進でスリップするため、トラクション

コントロールを一番効くCに設定しました。

Aは路面状況が良い時に使い、フルパワーが

ガっと出ます。Bは迷った時に使います。

 ハヤブサは田舎道でも回転数を上げなくても

トルクで十分走れるので、低速域でも意外と

扱いやすいんです。田んぼ道もスイスイです。

早朝なので、道路もガラガラでした。

 

 7

8

 

 9

 

早朝誰もいないうちに撮影ロケをしました。

 足は余裕はあまりありませんが、一応両つま先は

着きます。ハンドルも完全に低いポジションでは

ないので、きつい前傾でもありません。

幅のあるボディなので、バイク先生、当院で販売

している「お尻すっぽりシルクショーツ」

みたい?にすっぽり入りこんでいます。

 

 10

ただどうしても取回ししないといけない状況が

もう1つありまして、跨いでスタンドを払う時です。

平地なら問題ありませんが、運転席から見て左に

若干傾斜している路面に置いてしまうと、跨いで

もスタンド払いの時に車体を起こせない時があり

ました。左の股関節の筋力がおそらく足りなかっ

たようで、右に踏ん張っても、右足も地面にう

まく届かなかったのです。小道を初め、道路の

路肩は撥水性のために若干外に傾斜していました。

その時は降りた状態でハンドルを持ち。身体で

車両を起こしてから平地まで引っ張って、

そこで跨ぐという対処をしました。いわゆる単

車押しで傾斜での乗車を避けていました。

 

 

 11

8時過ぎには、通勤通学をする人も

増え、通勤ラッシュの時間になりました。

赤いボディででかいハヤブサは、走る

度に注目の的でした。

 

 

 

 12

コンビニでも置く場所に気を遣いました。

最近のコンビニは敷地も広くなり、車での

乗り入れもしやすくなってきました。ただ

敷地が傾斜しているコンビニも多いため、

極力取回しを最小限で済ませられる場所を

考えました。

 

 13

14

ハヤブサに乗ると、高速道路は1度は走り

たいですね。生憎国内仕様のハヤブサは

リミッターの装備が義務付けられていまして、

180km/h以上が出せないようになっています。

日本の高速道路の制限速度が100km/h(新

東名や伊勢湾岸道路などの広い道路では実際、

120km/h以上で流す車も普通に見かける)と

決まっていて、性能を思う存分発揮できな

いのが残念です。代わりに私は、今回フ

ルカウルでかつアルティメットスポーツ

という、これまでに味わったことの少な

い車両で高速道路を走るのが初めてで、

高速域での安定性と快適性に着眼点を

おいて、夕方に新東名高速道路(浜松S.A.

から森町S.A.)までの区間を走行致しました。

6速で流した時の回転数は、80km/h

2800rpm90km/h 3100rpm

100km/hでも3400rpmと低回転で

、いかにトルクが太くなるかがわかります。

ギアを4速ほどまでに落としてスロット

ルを開けた時に、100km/hからさらに勢

いよく加速していきます。最大トルクが

7200rpm、最高出力が9500rpmでそれ

ぞれ発生しますが、馬力に関しては公道で

はまず使うことはありません。せいぜい

6000rpmまで1速であげてみたのですが、

あっという間に目標速度に達してしまった

ため、これ以上回すことはありませんでし

た。このまま遠くへツーリングに行ってし

まいたい気分でしたが、そこは抑えて短区

間での走行で済ませました。ETCは事前に

セットしていましたので、料金所の通行

がスムーズでした。

 

 15

16

 

 

ハヤブサは初めからETCが装備されていて、

後部座席の下に入っています。後部座席はキ

ーを車体左後部にある差し込み口に差して回

すと外すことができます。

 

17

18

 カードが入っていないと点灯するERR

(エラー)表示が消えます。今回フルカ

ウルのバイクで高速道路を走りましたが、

幅のあるカウルで整流効果が高くスク

リーンも付いていたので、私自身にか

かってくる風圧も軽かったです。姿勢も

適度に前傾なので、高速域の安定性が高

いです。深い前傾でずっと乗っている

と背中や首、腕が痛くなってしまうの

ですが、ハヤブサはセパレートハンド

ルながらもハンドルが高めなので、

窮屈な前傾姿勢は取りません。自然な

ままで高速域の風圧を軽減してくれます。

 

 19

20

ちょうど帰宅ラッシュでしたが森町から

袋井市に入り、パイパスで浜松に戻りました。

 

 

 21

ただハヤブサはサイズが大きいため、渋滞に

巻き込まれてしまうと、立ち往生でした・・・。

抜けられましぇ~ん・・・。

 

 

 22

夜にハート接骨院に立ち寄りました。

この時に限り、院長先生に撮影のご協力を

頂きました。ありがとうございました!

院長先生もこの怪物サイズと、それを1人で

引っ張るバイク先生の筋力に驚いていました。

由起先生からは意外な一言が飛んで来まして、

「赤くて丸くてかわいい♡」と言われました。

 

 23

24

25

そして市街地走行とアクトタワー前での撮影

ロケです。自分のセルフ撮りは市街地はタクシ

ーなどの通りも多く、あきらめました。

 

 26

市街地は夜でも人や車が大勢通ります。

8時を過ぎていいたため、さすがに

渋滞はありませんでしたね。赤いハヤブサ

は目立ちました。特にどこも寄りませんで

したけど・・・。

 

 27

浜松市役所前の通りです。

この152号線はいつもたくさんの

車が走ります。事故には注意です。

加速力がすさまじく、車なら簡単に

ミラーで小さくなります。

 

 

 28

夕方から夜のプチツーリングを楽しみ、

家に帰りました。次の日までハヤブサを

レンタルしておりましたが、高速道路の

走行はこの日のみでした。マルチな用途を

こなすハヤブサでした。残りは返却までの

記事になります。長くなりましたが、

ありがとうございました。

 

 

○浜松市のハート接骨院は、肩こり・腰痛等の方だけでなく、

交通事故の患者様やスポーツアスリートの方も含め、幅広く

診療致しております。お体の定期的なケアに役立つ診療も

多数ご用意しております。

 

土日祝も10~20時(受付時間19:30まで)まで、お昼も

診療致します。急な怪我・交通事故でもお気軽にご来院下さい。

 

住所 : 浜松市東区和田町203-4 マックスバリュ‐和田店内

TEL : 053-462-5200 

 

バイクを持っている方、バイク先生に

どんどんお話を持ちかけてみてください。