blog

バイク先生の試乗インプレッション Vol.51{カワサキ ゼファー1100(カスタム仕様)}

 皆さんこんにちは。バイク先生の試乗活動が、

 2週間開いてしまいましたが、51作目となります。

 これまでバイク先生は、現行の最新モデルを主に

 試乗して参りました。しかし今回はとにかくレ

 アな試乗会が、新東名の浜松サービスエリア

 (ネオパーサ浜松)にて10/8に開かれました。

 絶版モデルをベースにしたカスタムバイクが

 試乗できるイベントでした。、愛知県に本店が

 ある「しゃぼん玉」という可愛らしい名前の

 ショップ主催で、生産終了になったバイクに

 多彩な高級部品をオリジナルで製作組付けをし、

 あたかも最新バイクであるかのような仕上げに

 して販売しています。なので当時の販売価格

 よりも付加価値が大幅に上がります!!

 生憎の雨天で、路面も濡れた悪いコンディション

 にも関わらず、大勢のライダーが各地から見えま

 した。バイク先生は、このイベントで3台のモデ

 ルに試乗することができました。

  KIMG0263

 「大人の大試乗会」というイベントで、

 BMWやドゥカティの試乗も一緒に開催されて

 いました。

 

特殊な試乗会だったため、以下の注意点があります。

 

※雨天のため、撮影用のデジカメも防水ケースを

  手作りして装備しましたが、湿気でレンズが

  中で曇ってしまい、見苦しい画像もあります。

 ※一部スマホで撮影した写真も使いました。

 ※写真が十分に揃っていないので、実際試乗した

      モデルと色が異なる場合が多いです。

 ※今回は性能よりも、カスタムされたバイクで

      走ったフィーリングを重視した記事になります。

 

 CIMG0260

CIMG0257

CIMG0261

CIMG0258

 今作ではカワサキの絶版モデルでありながら、未だ

 人気のあるビッグネイキッドのゼファー1100です。

 空冷エンジンを積んでいる為、今で言うと前にレンタル

 したホンダのCB1100に当たります。ゼファー1100

 1992年から2007年まで販売されたモデルです。

 日本では一時750cc以上のバイクの製造を規制した

 時期がありましたが、規制がなくなって1000cc超の

 バイクが増えた中で、ゼファー1100も登場しました。

 低いシート高とカスタムパーツの豊富さによって、

 乗り易さとイジリやすさで人気のモデルでした。

 環境の規制強化で生産終了となり、今は中古か

 今回のようなカスタム車でしか入手ができません。

 年式の古いモデルも多いですが、レストア(廃車レ

 ベルの車体を修理して走行可能な状態にすること)

 して旧車に乗り続けるライダーも大勢です。その上で

 カスタムは、当時存在しなかったパーツも組み付け

 て、より趣味性を高めるという志向となります。

  400ccクラスから登場したゼファーは、その後750

 1100と排気量が拡張されてラインアップされたモ

 デルで、一番排気量の大きな兄貴分です。純正モデル

 の実際の排気量は当時は1062ccで、空冷エンジンを

 積んでいます。サウンドがすごいです。排ガスの特有

 のにおいが好きな方もいますが、有害成分が多いので

 直に吸わないようにしましょう。

 

 KIMG0272

KIMG0274

 僕が幼稚園の頃に登場したゼファーは、

 最高86馬力と今のスペックで見れば

 控えめですが、当時はハイパワーで近

 くの道路をたくさん走っていたのかも

 しれません。20年近く経ち、今度は大人

 になった自分が操縦する機会を得ました。

 サイズは大きいですが、重心が低めなので

 重さはそれほど感じませんでした。

 カスタム仕様車の目玉は何と言っても、

 チタンマフラー(紫や青のグラデーション仕上げの

 パイプを含む)や、カラー仕上げされたボルトや

 小物部品、オーリンズやブレンボなどの大手ブラ

 ンドのパーツで強化された足周り、メッキホイール、

 カーボンのフレームやパネルなどと、当時の新車

 以上の美しい仕上がりです。

 e

 今回のイベントではバイク雑誌の出版社からもカ

 メラマンも大勢見え、たくさん写真を撮っていました。

 ゼファーに跨いだ際、いきなり僕も撮られました。

 おもわずピースしました() 

  丸の部分に、僕のピースが反射して写っています。

 後から雑誌に載る可能性が「大」らしいです。もし

 バイクの雑誌に写ったら買います!! 

 スタート地点周辺にもカメラマンが大勢スタンバイ

 していて、なんと1人ずつ撮っていました。

 

 

 

 vv

fff

ff

 カメラマンや、お店の人も含め、

 たくさん撮られました!!

 もーれつハッピ~です!!

 

 

※ゼファーで出発した直後、雨が強くなってきました。

 カメラはカバーで防水できましたが、水滴が少し

 レンズに付いてしまいました・・・。

  無題

 では早速ゼファーのインプレッションです。

 今回バイク先生は旧車の試乗が初めてで、親が

 若い時か自分が小さな頃の世代に栄えていたモデ

 ルなので、見た目の雰囲気も実際に運転をした

 フィーリングは、まったく別物でした。旧車でま

 ず感じたのが、低速の制御にクセがあったことで

 すね。路面が濡れていたということもありますが、

 コーナリングでギアを1速にするとエンジンブレ

 ーキとスロットルの制御が難しく、2速ですとノッキ

 ング振動が意外と強く、コーナリング中の出力制御が

 少し難しかったですね。走り出しもクラッチのつな

 がりがギリギリで、慣れないと無駄に吹かしたり

 飛び出したりします。ギアは5速まででしたが、

 早めにギアを上げても2000rpmでトルクは太く

 出てきます。ただ2000rpmを切ると乗り心地が

 定番の4気筒のはずですが、ノッキング振動が

 目立った感じでした。今はインジェクション式の

 燃料供給方式のモデルがほとんどですが、ゼファ

 ーはキャブレーターという懐かしの供給方式を取

 っています。試乗レベルでは体感できませんでし

 たが、吸い込んだ空気をエンジンに送って、霧状の

 ガソリンと共に燃焼室に送る方式です。キャブレー

 ター車は構造が簡単なため安く、インジェクション

 車が主流となるまでたくさん流通していました。

 環境規制も当時は緩かったため、エンジンのサウン

 ドも大きく、このサウンドが好きなライダーもい

 らっしゃったことでしょう。「バリバリバリバリ」

 というシャープなサウンドでした。

 g

 とはいえ当たり前ですが、試乗では絶対に転べ

 ません!! 今回のカスタム車は、高級な部品を

 多用したモデルが多く、すごく高価になった

 ので尚更です!! 路面も濡れて雨が降ってい

 た中、実はカッパを着て乗っていました。

 コーナーは特に注意しました。普段乗ってい

 る方も慎重でしたね。

 

 

 

旧車に乗って思ったことが以下のことです。

 

・キーを回した時の、アナログメーターの針が動く

  演出はなし。

 ・ニュートラルやハイビーム、ウィンカーなどの

  ランプ類がシンプル

 ・距離計や燃料計が懐かしのスタイル。

 ・電子制御がなく、殆どライダーのテクニックに依存。

 ・振動がすごく、メーターパネルが丸ごと揺れる。

 ・排気音がとても大きい。

  

 

今のバイクもいいですが、昔のバイクも今中高年の方で

 若い頃に乗っておられた方もいらっしゃるのではない

 でしょうか? 最初はクセがありますが、旧車の面白さも

 感じました。

 

 

今回試乗したゼファー1100は色違いで2台あり、

 僕は青い車両に試乗しました。撮影はもう1台の

 黒い車両も含みますので、僕が撮ったスナップを

 ご覧くださいませ。

 

 CIMG0268

 懐かしのメーターレイアウト。

 

 KIMG0296

 シートは低く、足着きがいいです。

 

 

KIMG0297

 カスタムすると足周りもド派手になります!!

 

 

 KIMG0298

 キャブレーターの空気取り入れ口。

 内部には埃をブロックするフィルターも

 入っています。しかし湿気を吸うと性能が

 落ちる(水分や温度低下で燃料の燃焼効率が

 ダウン)という欠点があります。

 

 KIMG0299

 美しいチタンマフラー。

 紫と青、ゴールドのグラデーションです。

 

  CIMG0265

 4気筒のエキゾーストまで美しい仕上がりです。

 

 CIMG0266

 こだわる人はボルト1本でも

 こだわります。紫のボルトは

 意外と目立ちます。

 

 CIMG0263

 灯火類やメーター、ハンドル類の

 チューンも例外ではありません。

 

 CIMG0270

 CIMG0264

ホイールまで、軽量化とカスタム

 ペイントが施されています。

 

 

肝心な価格ですが、純正の新車価格が販売当時は

 平均で90万円程だったようです。しかしながらこれ

 だけたくさんのカスタム尽くしの仕様ともなると、

 付いているパーツによってまちまちではあります

 が、一気に150万円、場合によっては300万円に

 跳ね上がることもあります!! これだけド派手に

 カスタムして街で走れば、いろいろな意味で目立つ

 こと間違いなしです。

 

雨の走行では特にコーナリングが怖かった

 ですが、流れもゆっくりでコースも単純だっ

 たので、割と楽しめました。昔乗っていらっ

 しゃった方のロマンを体験することができ

 ました、次回も別の旧車の記事を、近日UP

 致しますのでお見逃しなく!!

 

 

 

浜松市のハート接骨院は、肩こり・腰痛等の方だけでなく、

交通事故の患者様やスポーツアスリートの方も含め、幅広

く診療致しております。お体の定期的なケアに役立つ診療も

 

多数ご用意しております。土日祝も10~20時

(受付時間19:30まで)まで、お昼も診療致します。

急な怪我・交通事故でもお気軽にご来院下さい。

 

 

 

住所 : 浜松市東区和田町203-4 マックスバリュ‐和田店内

 TEL : 053-462-5200  

 

 

ハート接骨院はFacebookをやっています。

 色々な情報をアップしてゆきますので

 是非!!お気軽に友達申請して下さい♪

 昔のバイクに乗っていらっしゃる方、ぜひ

 フィーリングをお聞かせ下さい。