blog

バイク先生の試乗インプレッション Vol.55(ハーレーダビッドソン ローライダーS)

皆さん、こんにちは。バイク先生は、

先日の16日日曜に、ハーレーダビッド

ソン浜松さんで、早速登場した最新の

2017年モデルの試乗車が出て、試乗

してきました。

  1

2

3

4.

ローライダーS2016年に登場した

ばかりのモデルで、排気量がなんと1801cc

ハーレーのラインナップの中では最大級の排気

量です。しかしただ排気量が大きいだけでは

ないんです! ご覧の通り、車体は他のミドルクラ

スの車両とほとんど同じで、重量が293kg

300kgを切る軽量ボディです。実はこのバイク、

日本人がデザインしたハーレーなんです!

 

 5.

ローライダーSをデザインした長尾大介氏。

アメリカ現地では、ダイス・ナガオと呼ば

れているそうです。

 

 

 

 

 6

7

8

サイズは相応に有りますが縦が細身で、

排気量からは想像できない軽さに加え、

シートの高さも自分の股下より低い

68.5cmです。足は前に投げ出す事は

ありませんが、膝の曲がりも丁度いい

です。

 

 

 9

お店からひたすら南下し、南区から

バイパスを走る試乗コースでした。

ローライダーSは、排気量が1800cc

なので、これまで試乗した1689ccの車

両からさらに1ランク上のトルク感が

出てきました。60km/h6速での回

転数がわずか13001400rpmで、車

とほとんど変わりません。そこからスロ

ットルを開けてみると、これまでのハー

レーとは別次元の加速力ではありませ

んか! ハーレーなのにハーレーではない

加速感がたまらなかったです。

 10

1500rpmからトルクがモリモリに出て

きてきます。車と同じエンジンパワーで

重量が300kgを切るので、本当速いわけ

です。また2速でもエンジンの吹け上が

りもすごく、4000rpmまで一気に回して

強烈な加速を楽しむことも可能です。

3500rpmで最大14.3kgのトルクが

出る新しいエンジンを搭載しています。

Screamin’ Eagle® Twin Cam 110™

はじめからトルクフルで、ようやく

他のスポーツモデルと互角の突くような

加速が得られます。ハーレーは馬力が

非公開のため、パワーウェイトレシオの

計算ができませんが、下道なら2000rpm

回すか回さないかでも十分走れますし、

常に10kg近いトルクも信号ダッシュから

発生するらしいので、低速での扱いも容易

です。重量も軽く低重心なので、低速バラ

ンスが取りやすいんです。コーナリングも

ホイールベースが長いので曲がらないと

思いきや、ヒラリ感がなく軽い車体なので

小さな路地もしっかり曲がれます。足を乗せ

るステップがない分、バンク角もあります。

 

 11

1801ccを誇る新型エンジン

ハーレーの中でも最大級の

排気量です。「通称ツインカム110

 

 12

エンジンの横についた

エアーフィルター

 

 13

マフラーは縦2連ですが、

形状は小さめです。

 

 14

ローライダーSのメーターは、

燃料タンク上に速度計と

回転計が縦2連と、変わった

配置です。

 

 16

 15

速度計の方にある液晶は距離、ギア、

時計、そして残り走行可能距離も

表示してくれます!!

 

17

18

シートがとても低い上に、

ただでさえ1800ccクラスと

しては軽い車体なので、

前後にも容易に引っ張れます。

ただ後部座席がないので、

1人乗り仕様でした。

 

  19

ダブルディスクなので、ブレーキも

強力です。ABSは標準装備。

 

 20

燃料計は、タンクに乗っています。

 

 

 

 21

エンジンを守るガードが

横から出ています。

ハーレーなら当たり前の

装備です。あれだけ重量があるので、

エンジンの保護は必須です。

 

 

 22

23

ライトはビキニカウルが付いています。

前の灯火類はいたって普通ですが・・・

後ろは全てLEDの灯火類でした。

 

 

 24

ライト周りのビキニカウル裏

 

 

 25

26

恒例のスイッチ類。なんと、

ローライダーSは、鍵を差して

いなくてもエンジンがかかる

キーレスなんです!

右のスイッチ類で簡単に始動

です。盗まれないか心配ですが・・・

 

 27

オートクルーズシステムといい、

一定速度を自動で維持する機能の

ようです。日本の高速道路や

アメリカの荒野とかで活きそ

うです。+と−のボタンで好きな速度を

一定に決められるようです。

 

 

 

2817.8Lの燃料タンク

 

 

 29

クラッチのつながりはかなり

早く、いきなりつなぐと

ただでさえ強力なトルクなの

で、一気に押し出されます!!

ゆっくりつなげばアイドリング

発進も容易です。握りは少し

重いです。

 

 30

駆動ベルト。サスペンションは

少し硬い感じでしたが、乗り心

地は、悪くなかったです。

 

 

 31

ハンドルは、高低差がなく、

手前に曲がっています。

 

 

1800cc超で300kg以内と

まさに夢のようなバイクでした。

走りがバイオレントでありながら、それ

で取回しなのどの扱いやすい要素も

備えた、ローライダーSは他のスポー

ツバイクとも互角の性能に到達するかも

しれません。2343000円とやはり

高価ですけど・・・。ハイパワーで

かつ計量なハーレーは、そう滅多に存在

しません。重くて走りが鈍いと思っている

方に、ぜひ一度試乗をお勧めします。

 

ハーレーダビッドソン

ローライダーSでした。

 

 

○浜松市のハート接骨院は、肩こり・腰痛等の

方だけでなく、交通事故の患者様やスポーツ

アスリートの方も含め、幅広く診療致しております。

お体の定期的なケアに役立つ診療も多数ご用意

しております。

 

土日祝も10~20時(受付時間19:30まで)まで、

お昼も診療致します。急な怪我・交通事故でも

お気軽にご来院下さい。

 

住所 : 浜松市東区和田町203-4

 マックスバリュ‐和田店内

TEL : 053-462-5200 

 

ハート接骨院はFacebookをやっています。

色々な情報をアップしてゆきますので

是非!!お気軽に友達申請して下さい♪