blog

バイク先生の試乗インプレッション (Vol.62 モトグッチ V9ボバー)

皆さん、クリスマスはいかがお過ごしでしたで

しょうか? バイク先生の今年の試乗記事は

今回が最後になりまして、Vol.1から始まり

62台のバイクの試乗感想を、順番にお届けして

参りました。2016年で最後にUPするモデルは、

イタリアのモトグッチから登場したばかりの

V9ボバーになります。

 

 1

2

3

V9ボバーは、無駄な装備をそぎ落とし、

軽装で軽やかに走りこなせるボバースタイル

のクルーザーとして、今年夏に日本でも販売さ

れました。一見するとアメリカンバイクの

ようにも見えますが、クラシックな外見に

最新の電子制御も備えた、新旧融合型のク

ルーザーであります。排気量853cc2気筒

エンジンで、後ほどアップで写真が出ますが、

エンジンの配置が変わっているのは、モトグ

ッチのバイク全般に言える特徴です。車体重

量が燃料込でも約214kgと大型クラスの中

でも軽く、取り回しや乗車も全く苦に

なりません。普通二輪免許の人も、排気量を

知らずに間違って乗ってしまうそうな位軽い

です。

 

 

 4

5

クルーザーですが、細身の車体でシートは

78cmと特別低いわけでもなく、普通のバ

イクと同じ乗り味です。軽い車体で足着き

も良いため、手軽さを感じます。

 

 6

3km程度の試乗で、浜松基地北部の

道路がコースでした。コースが短く、

全ての機能は把握できていません。

車体が軽量ななので、お店のある路地から

大通りへ出る時のハンドリングも軽く、

機動力がありましたね。大通りに出た時は、

低速域のトルクが強化されたエンジンで

ドッとスロットルを上げていくと、あっと

言う間に加速します。2速、3速と早いタイ

ミングでシフトしても良く、ギアは6速も

装備しています。左右にマフラーがあるため、

コーナリングも左右で違和感がなく、交差点で

小回りしても擦れることはありません。それでも

新車でタイヤも慣らしが済んでいなかったようで、

慎重に進みました。大通りでも気持ちよく

流すことができます。

 

 

 7

回転計が付いていないので、

低いギア比でガッと加速すると、

矢印のように赤いランプが点滅

します。「ギアを上げなさい」

というインジケーターです。

上記では、2速でスロットルを開けた

時に点灯しました。軽い車体で低回転の

トルクが強力なため、侮れません。

 

 

 

 8

こちらはムービーの1コマではなく、

1ショットです。こんな感じで

ムービーも画質を上げたいのですが、

ブレがどうしても出てしまいます。

動画から取った画像の画質が粗いのは、

永遠の課題ですね・・・。

 

 

 9

10

モトグッチのバイクは、エンジンが車体に対して

左右にV型エンジンが突き出ています。始動の

音が「ズゥイッダッダッダッダッヴルルォーーン」

というような、トラックのエンジンがかかったかの

ように低く重い印象です。馬力は55馬力と

少し低くなりますが、トルクが最大6.2kg

低回転域(3000rpm程度)で発生させるため、

市街地や路地でグイグイ進みます。設計上左右に

振動して振られるかのようにも見えますが、

振動は意外と気になりません。

 

 

 

11

前輪のブレーキは1つですが、

ブレンボの強力なキャリパーです。

車体も軽いので、前に2つは

必要ないみたいです。ABSはもちろん

装備しています。

 

 12

シートは先端が細く、足着きが良い上に

クッション性もGOODです。

後部座席も落差が殆どないので、同乗者も

乗りやすいです。

 

 13

良く見ると扁平になっている

燃料タンクで、左右で黄色・黒で

非対称に分かれたペイントが独特です。

モトグッチのシンボルは鷲です。

容量は15Lで、燃料は確認はして

いませんが、ハイオクと思われます。

 

 

14

マフラーは黒の艶消しが渋く、

左右で2本出ています。左右に

マフラーがあると、コーナリングの

感覚や重心のバランスも取れて、

外見も一層力強く見えますね。

 

 

 15

16

V9ボバーは回転計が付いていない

代わりに、シンプルな液晶パネルに

いろいろな表示をすることができます。

時計、ギアポジション、距離計、

積算距離、気温はもちろんですが、

それに加えて走行時間、燃費、トラクション

コントロールの効き、平均速度とレースで

走るバイクのような機能も表示するんです。

一番印象的だったのが、残りの燃料を

目盛ではなく実際に数字で

表示してくれるんです。残量が具体化

されて、走れる距離が分かりやすいです。

左手のモードボタンで切り替えが可能です。

 

 

 17

気になったのが、ギア表示がチェンジから

1秒ほどタイムラグがあり、ギアを下げす

ぎたのが1度ありました。鋭角の左折時に

2速にしたつもりが1速まで落ちていて、

エンジンブレーキがやけに強いと思って

気づきました。青信号での左折は自分は

2速で曲がるんですけどね・・・。

 

 

 

18

駆動はチェーンでもベルトでもなく、

シャフトドライブという、車と

同じ原理のギアだけが軸で噛み合った

構造です。サスペンションはお好みで

硬さを調節できるようです。

 

 

 

 19

20

左右のペダル。この外観ながら、

ABSはもちろんのこと、急加速時の

スリップ防止機能であるトラクション

コントロールも備えています。

特別足を前に投げ出すほど、シート

から離れてはいません。最新の電子制

御も組み込まれています。

 

 21

メッキのリングで囲まれたヘッドライト。

灯火類はノーマルです。ここはクラシック

固有の特徴です。

 

 

 22

ハンドルはフラットですが、

もともと高さがあるため、

ポジション的にはアップライトに

なります。

 

 

 23

新登場したV9ボバーは回転計が付いていま

せんが、スマートフォンと接続すると回転数を

表示させたり、自分の走りを後からパソコンに

つないで解析することができるようです。

また写真はありませんが、USB1つ接続

できます。音楽が聴けるかは分かりま

せんが、スピーカーは付いていなかったので、

スマホから流しても風切り音やエンジン音で

かき消されます。そして新車価格が124

8000円と、同クラスの日本のバイクに比べ

ると、輸入車だけあってお高めです。

 

 

 

201512月から始まった

「バイク先生の試乗インプレッション」は、

おかげさまで1周年を迎えました。

62台分の記事をこの1年で、当院のブログ

を介して記載させて頂くに至りました。

多くの患者様、スタッフ一同、ならびに閲覧者

の方々には心から深く感謝申し上げます。

お店の方も連休に入るため、活動再開は連休明け

になります。最終的に100台まで行けるかは

分かりませんが、引き続き続編も予定しており

ますのでご期待下さいませ。

それでは皆さん、良いお年を!!

 

by バイク先生

 

 

○浜松市のハート接骨院は、肩こり・腰痛等の

方だけでなく、交通事故の患者様やスポーツ

アスリートの方も含め、幅広く診療致しております。

お体の定期的なケアに役立つ診療も多数ご用意

しております。

 

土日祝も10~20時(受付時間19:30まで)まで、

お昼も診療致します。急な怪我・交通事故でも

お気軽にご来院下さい。

 

今年度の残りの診療日のご案内ですが、

12/31の大晦日のみ10~18時までの診療

時間となっております。

1/1と1/2は臨時休診日となります。

1/3より次の大晦日まで363日連続で

診療致します。

 

住所 : 浜松市東区和田町203-4

マックスバリュ‐和田店内

TEL : 053-462-5200