blog

バイク先生の試乗インプレッション Vol.19 (海外ヤマハ XVS1300CU)

 

皆さんこんにちは。今回は海外ヤマハの逆輸入車で、

 

南アフリカが仕向地となっているXVS1300CU

 

インプレッションです。海外では「ストライカー」と

 

いう名称も持ちます。ちなみに逆輸入車は、年2回程

 

しかお店で試乗できる機会がありません。

  

CIMG8789

CIMG8788

CIMG8790

 長さもボリュームも大きく、排気量は1304cc

 

まさに怪物です。重量は293kg300kg

 

切っていますが、やはりヘビー級です。

 

  CIMG8806

 バイク先生がすごく小さく見えます。

 

低重心は、重量のあるバイクでも安心です。

 

走行中に足を乗せる踏み台はありません。

 

ちなみにバイク先生は医療専門学校に通って

 

いますが、クラスの男子では一番背が低いんです。

 

それでもXVS1300CUが普通に乗れるんです。

 

ペダルがちょっと遠い感じがしますね・・・。

 

 

   無題

 ホイールベースが長いために曲がらないと思いきや、

 

意外と交差点の左折が容易です。走行中に

 

足を置くステップがないため、バンク中に

 

地面に擦る心配もなく、深くバンクできます。

 

左折もけっこうインを突けます。そして、

 

低回転から強力なトルクが発生し、後ろから

 

突き飛ばされる感じの加速を、重低音のサウンドを

 

奏でながらします。5速までありますが、5速は

 

60km/h位で使ったほうがいいですね。エンストは

 

しにくいですが、ギアを上げるのが早いと

 

ノッキングの振動が結構来ます。その時の

 

ドッドッドッドという重いサウンドがお好きな方も

 

いらっしゃいますけどね・・・。

 

 

 CIMG8802

 メーター(針は速度計のみ)はシンプルです。

 

回転数は表示されません。メッキの疾患が

 

際立ちます。

 

 

 CIMG8799

 長いフロントフォーク

 

角度も寝ているため、

 

ホイールベースが長くなっています。

 

 CIMG8800

ペダル回り。

 

足を乗せる台がありません。

 

 

 

 CIMG8793

CIMG8792

 LEDの尾灯とウィンカー

 

ヘッドライトは普通のハロゲンランプでした。

  

 

 CIMG8805

 迫力の右2本出しマフラー

 

  CIMG8764

 フロントのディスクブレーキは1つです。

 

ABSは残念ながら付いていません。後輪は

 

フルブレーキでロックするので注意。

 

 

 CIMG8797

 これだけの重量をベルトで駆動しています。

 

 

 CIMG8804

 燃料タンク

 

 

日本のメーカーでも、逆輸入車はその国の交通状況を

 

見て製造されているので、馴染み深いメーカーでも、

 

雰囲気というものが全く異なります。

 

ハーレーのようなフィーリングを感じられるかと

 

思います。逆輸入車の貴重な試乗でした。

 

 CIMG8807

 

バイク先生、アメリカンバイクに

 

よくお似合いですなぁ~

 

 

 

 

 

浜松市のハート接骨院は、お昼も休まず

 

診療致しており、土日祝開院の年中無休の

 

治療院です。交通事故等お困りの際は診療致します。

 

受付時間は19:30までとなります。保険診療や

 

自由診療がとても充実しております。

 

お困りの方・詳しくはぜひ当院に

 

お越しください。初診の方も、

 

予約は不要です。

 

 

 

住所 : 浜松市東区和田町203-4 

 

マックスバリュ‐和田店内

 

TEL : 053-462-5200