blog

バイク先生の試乗インプレッション Vol.25 (BMW C650GT)

皆さん、こんにちは。

今回は久しぶりに、ドイツのBMWからです。

数少ない大型クラスのスクーターで、特に長距離の

ツーリングに優れたC650GTになります。

海外のバイクでは、珍しく大型クラスのスクーターが

存在します。650ccという、国内ではオートマ限定で

運転できる最大クラスの排気量になります。

ただでさえスクーターは同じ排気量のバイクに比べると、

サイズも大きく、重量も重くなるのがネックです。

しかしオートマなので絶対にエンストしないという

安心な点と、荷物がたくさん入る積載性に優れます。

  CIMG8982

注:実は今回試乗したこのスクーターですが、

  僕が試乗する数日前にお店で事情があって、

  右レバーが折れていますが、ご了承下さい。

 

CIMG9013

CIMG8968

CIMG8967

CIMG8970

C650GTは、GT(グランドツーリング)という

コンセプトで作られたスクーターで、排気量は647ccです。

アクセルとブレーキだけという簡単操作でありながら、

余裕のあるパワーでかつ多くの快適装備で長距離を走る

ことができます。

 

 CIMG9007

CIMG9008

CIMG9006

CIMG9005

 バイク先生が実際に乗ってみると、車体が

とにかく大きく、シートの幅があるため両足

では爪先しか着きません。シートの前の方に

お尻を寄せてようやく片足が踵まで着きます。

ただ走り出せば広いシートや背もたれが

ゆったりしていて、ソファみたいな

座り心地です。

 CIMG9009

ステップが長く、脚も広々と前に伸ばせますが、

バイク先生は短足なため、ステップの先に足が

届きませーん!()

股下71cmと短いんです・・・。

 

 fffffff

そしてスクーターとしての走りですが、さすが

647cc。最大60馬力を誇る2気筒エンジンを積んでいて、

重量261kgというヘビー級をもろともしない加速です。

スロットルだけで走るので、直線では一気に豪快に突き

進めます。乗って驚いたのが、低速でも意外に安定性が高く、

渋滞に巻き込まれた時の徐行速度でも、バランスを保つ

ことができました。

fff

今回は自衛隊の浜松基地周辺のアップダウンに

富んだ、テクニカルなコースで試乗しました。

またまた驚いたことに、アップダウンの多い

S字のコースもワインディングが自由自在でかつ、

小さい鋭角の交差点でもスロットルだけでパワーが

調整でき、小さく曲がることができます。図体の

割によく曲がります。

そしてC650GTの目玉は、風を軽減する風防の高さが、

ボタンで調節できる電動式になっていることです。

高速域や向かい風がきついときに風防を上げると、

顔に当たる風を軽減することができます。

スクーターはギアチェンジをする機構がない場合が

ほとんど(一部マニュアルモードもある車種も存在)

なので、出力は常に安定しています。そのため

大して大きな燃費変動はありません。

ただし燃料はハイオクです。

 

無題

C650GTは、回転計が実はここにあるんです。

しかしながら1つのバーが大きく表示が単純なので、

細かい回転数まではわかりません。スクーターでは

あまり回転数は意識しませんからね・・・。

おおよそですが、60km/hの維持で3000rpm台でした。

マニュアルバイクでは、信号待ちでギアをNにして

空ぶかしができますが、スクーターではスロットルを

開けるとそのまま飛び出してしまうので、

絶対にやらないようにしましょう。

今は使いませんが、冬場でもハンドルとシートに

ヒーターが付いていて、ONにするとじわじわ

暖かくなる機能もあります。

実に機動力に加え、快適装備満載です。

 

  CIMG8986

旅行の荷物も軽々入るメットイン

  

 

CIMG8980

2人乗りも快適な広いシートとグリップ

 

  CIMG8973

CIMG8974

ハンドル下の収納スペース

ペットボトルも入ります。

 

 

 

 CIMG8989

CIMG8990

CIMG8991

現行のBMWのバイクのほとんどが、

尾灯とウインカーがLEDです。

ヘッドライトは普通のハロゲン球です。

ちなみにG650GTは、Loビームと

Hiビームが独立していて、正面から

見て左がLo、で右がHiです。

 

 

 

 CIMG8995

CIMG8972

無題uuuuu

電動式の風防と調節ボタン

下げた状態と上げた状態では、

位置が歴然です。

 

 CIMG8977

CIMG8978

ABSが標準装備の前後の駆動輪。

スクーターはホイールが小さいために、低速ではバランスを

保つのと、タイヤがどこに向いているのか運転席から

見えないので、細かい直線走行が厳しいです。オートマ限定の

教習がマニュアルバイクより難しいのはこのためです。

スラロームや狭路、一本橋などの課題走行は尚更ですね。

 

 CIMG8979

独特な縦2連マフラー

 

  CIMG8993

センタースタンド。

261kgの車体を上げるのに、

1つコツがあるんです。

 

 dddd

スタンドが接地した時に、

下ではなく前方に蹴り出したら、

この巨体も意外とすんなり

上がりました。

 

 CIMG8976

ボリュームのあるカウル

 

  CIMG8984

ボディにマウントされたミラー。

ミラーは手動です。

 

  CIMG8975

キーレスではなく、普通に鍵を

差し込んで始動します。

 

  CIMG9012

車体中央にあるサスペンション。

水平寄りに設定されています。

 

 

操作が簡単なスクーターですが、大型クラスとも

なると機能が充実していて、多分全部説明しき

れていないとは思いますが、この辺で終了致します。

ありがとうございました!!

 

 

浜松市のハート接骨院は、お昼も休まず診療致しており、

土日祝開院の年中無休の治療院です。交通事故等お困り

の際は診療致します。受付時間は19:30までとなります。

保険診療や自由診療がとても充実しております。

お困りの方・詳しくはぜひ当院にお越しください。

初診の方も、予約は不要です。

 

住所 : 浜松市東区和田町203-4

マックスバリュ‐和田店内

TEL : 053-462-5200