blog

バイク先生の試乗インプレッション Vol.29 (ハーレーダビッドソン XL1200CX

皆さん、こんにちは。しばらくUPが止まっていた

試乗インプレッションがついに次のマシンの記事が

できました。29作目で、久しぶりのハーレー

ダビッドソンです。

 

 CIMG9452

CIMG9450

CIMG9451

CIMG9454

   今回は、ハーレーで新モデルとして登場したばかりの

XL1200CX ロードスターです。このバイクはこれまでの

ハーレーのロング&ローのイメージとは全く異なり、

大きなホイール径と高いシート高を採用しており、

スポーツ性が強い外観となります。ドラッグレーサーにも

見え、小ぶりな外観ですが、排気量は1201ccです。

5速までギアがあります。走行距離100km以内の

新車が、浜松で試乗できるようになりました。

 

 

 CIMG9445

CIMG9446

CIMG9447

   ロードスターはハーレーの中では珍しくシート高が

78.5cmと、足着きは悪くはありませんがアメリカン

バイクの割に高いです。バイク先生の踵が浮いています。

ペダルに足を乗せると前への投げ出しはなく、足は

垂直に曲がります。ミラーのアームも短いため、車高が

全体的に低く見えます。ちなみにハート接骨院に試乗中

立ち寄り、新しいスタッフ(つかさ先生)に撮影をお願い

しました。車体自体は細身で、ホイールベースが短いですね。

 

 無題

    今回も、バイパスをメインに試乗してみました。

ロードスターは回転計が針のアナログ式になっていて

エンジンを回したくなるような雰囲気を引き出すレイ

アウトです。速度はデジタル数字で下に表示されます。

クラッチのつながるタイミングはとても早く、スロットルが

空いているとドコドコ簡単に速度に乗ります。60km/hでは

回転計が約1600rpmで、車に近いトルクが出ています。

1500rpmを切ると粘りはしますが、ノッキングがして振動が

大きくなりました。2000rpmから乗り心地が良くなり、

3000rpmを超えると一気に前に突き出すような爆発的な

トルクが発生し、電光石火のような加速も可能です。

最大トルクが4250rpmで、最大10.1kgのトルクが

発生しますが、4500rpmを超えるとつらくなってきます。

片側4車線のバイパスでは、2速でフルにスロットルを

開けてフルパワーを出してみた時、もはやハーレーでは

ないようなフィーリングでした。ハーレーは馬力が非公表

なのは、低回転で強力な推進力を生むエンジンを搭載して

いて、それが売りというマーケティング的な事情があるため

だそうです。重量は259kgと他のモデルとは差はなく、

取回しは低重心のおかげでそれほど重くは感じません。

シートが高いだけです。実はハーレーはお店の人から聞いた

のですが、本来はこのロードスターのような高いシートが標準

で、メーカーが独自にローシートにカスタムした車両を今は

販売しているそうです。昔は砂利道がメインだったので、乗り

心地を良くするにはサスペンションを長くする必要がありました。

道路も舗装されて、サスペンションが短くても乗り心地が損なわ

れないことが分かり、今のようなローシート車がメインになった

わけです。ローシートは、重い車両では長所として活きると僕自

身は思いますけどね・・・。

 

 

 CIMG9458

フロントがダブルディスクになっていて、

制動力が強いです。ABSはあります。

 

 CIMG9460

同乗者用のシートも展開。

ペダルは大きめです。

 

 

 CIMG9467

シートは高いですが、前部が細いため、

足着きの不安はありません。

 

 CIMG9468

燃料は12.5L入ります。

航続距離は燃費にもよりますが、

一定走行で250~300kmは

走れるといいところです。

 

 

 ddd

 aa

ウインカーは、フロントは普通の球ですが、

リアはLEDです。

 

 

 zzz

CIMG9474

ブレーキランプはウインカーのレンズと

一体になっていました。こちらもLEDです。

 

 CIMG9469

カギは右のフレームに差します。

 

 

 CIMG9475

ハーレーによくありがちなクラッチの重さですが、

ロードスターは引きが軽かったです。クラッチの

つながるタイミングはとても早く、少しでも緩めると

ずるずる前に進みます。

 

 

 

 CIMG9473

右ウインカーのボタン。走行中に押そうとすると

スロットルがブレやすいので注意。

 

 

 CIMG9440

メーターは回転系がメインの配置です。

デジタル数字でも表示できますが、

針の方に目が行きます。時計、走行距離

とかは表示切替え可能ですが、お昼は少し

見えにくいです。また1つネックなのが、

燃料計がついていないことです。

 

 

 CIMG9457

1201ccの排気量のこのエンジンは、

4250rpmで最大10.1kgのトルクが

発生します。始動した時の重低音は

ハーレーならではです。

 

 yyyy

ヘッドライトはさすがにLEDを採用していません。

これはハイビームです。

 

 CIMG9448

これから梅雨になり、雨が続くためバイクに乗れなくなって

しまうのが泣き所です。そんな中でもハート接骨院は・・・

毎日診療しておりますので、どうぞよろしくお願いいた

します!!久しぶりの試乗インプレッションでした。

 

 

  浜松市のハート接骨院は、肩こり・腰痛等の

方だけでなく、交通事故の患者様やスポーツ

アスリートの方も含め、幅広く診療致しております。

お体の定期的なケアに役立つ診療も多数ご用意

しております。土日祝も10~20時

(受付時間19:30まで)まで、お昼も診療致します。

急な怪我・交通事故でもお気軽にご来院下さい。

 

住所 : 浜松市東区和田町203-4 マックスバリュ‐和田店内

TEL : 053-462-5200