blog

バイク先生の試乗インプレッション Vol.81 (カワサキ ヴェルシス-X 250)

皆さん、こんにちは。今回はカワサキから

登場したばかりの新モデル、ヴェルシス-X250

試乗感想です。

 

その前に・・・

皆さんは、このような車種は何と呼ぶか分かりますか?

 1

このマシンは、BMWS1000XRです。

 

アドベンチャー(旧:デュアルパーパス)という車種で、

高車高のツーリングバイクで、オフロードを走行する

こともあります。これまでアドベンチャーというと、

排気量が大きい大型しか存在しないと思われていまし

たが、2017年に入り、カワサキが普通二輪クラス、

しかも車検のない250ccクラスで、そのアドベン

チャーモデルをリリースしました!

 

2

3

4

5

 アドベンチャーは高車高ということもありシートも高く、

8390cmという高さもあります。さすがにバイク先生の

ように小柄なライダーには、とても酷な車種でもあります。

しかしこのヴェルシスは、シート高が81.5cmに抑えられて

いて(250ccに中ではオフロードに次いで高い・・・)、重量

175kgと軽くできているので、不安はありません。

普通二輪クラスのアドベンチャー、これまで大型だけ!!

というイメージを覆す、刺客?として登場しました。

ヴェルシスは、もともとカワサキの逆輸入車として

650cc1000ccモデルも存在します。

 

 

 6

7

バイク先生が跨いでみました。余裕があるわけでは

ありませんが、まったく地面に足が届かない車種に

比べると不安なく乗ることができます。しかも軽い

ので、左右のバランスでセンターが出ていればつま先

だけでも簡単に支えられます。

 

: サイドスタンドを上げ忘れてしまい、少し見え

づらいです。

 

 

 8

今回試乗したのは「ノーマル車」で、4つオプションが

標準で付いた仕様車は「ツアラー車」と呼びます。

静岡東部の幹線道路を、単独で走行致しました。

250ccなので大型に慣れた方には非力かと思われますが、

最高出力は33馬力と、250ccモデルとしては高い方です。

しかも同クラスのスーパースポーツ譲りの水平2気筒エ

ンジンをそのまま積んでいて、12000rpmのレッドゾー

ン寸前まで馬力を絞り出すことができます。

最大トルクは10000rpm2.1kgで、今回の試乗はいっ

ぱいに8000rpmまで回すことができました。突くような

加速力はさすがに大型と同じように求めてはいけません。

しかしスロットルを開けると5000rpmあたりから加速の

伸びが一気に上がり、高回転域で美味しい乗り味が存在

するのが分かります。重量は今回試乗したのはABSあり

で、サイドケース非装備のモデルで、重量は175kgです。

オフロードやスーパースポーツに比較すると重量はやや

あります。中型クラスは、ローギアでのエンジンブレーキ

が強く、1速が振動が大きくなるため、走り出してすぐ

2速にしてもOKです。ここでアシストスリッパーも装備

されているので、ローギアに落としてもエンジンブレーキ

によるショックも大幅に軽減されているのが分かりました。

シフトがアシストスリッパーのおかげでアップもダウンも

とても滑らかです。ヴェルシスに限らず、最近の250cc

イクも豪華装備を持つモデルが増えているんです。

 

 9

重心が高いので、交差点を曲がるときに気を遣うかと思われ

ますが、タイヤの慣らしが終わっていれば不安なく車体を

寝かせて曲がることも可能です。車高が高いバイクは、視界

も高いので壮大なフィーリングです。また風防が付いている

ので、胸元の風も大幅に軽減することができます。

中型クラスでアドベンチャーという新しい試みを果たした

カワサキのヴェルシス-X250は、より多くのライダーの要望に

応えてくれることでしょうね。

 

 

 

 10

248cc水平2気筒エンジンで、最高33馬力を

発生します。30馬力を超えればパワフルと言え

ます。高速道路でも回せます。ツアラー車では

転倒時にエンジンを守るガードパイプも付きま

す。

 

 

 11

12

足回り。林道も走行できるように

スポークホイール、ストローク量の多い

フロントフォークを装備。フロントに19

インチ、リアに17インチのホイールを

履いています。オフロードとほとんど

同じ外見ですね。ただ、ガチな悪路には

対応しないので注意してください。

 

 

 13

14

81.5cmの高さのあるシート。2人乗りも可能で、

左右のグリップ、幅の広い後部座席です。

ただ角ばっている形状なので、足着きは問題あり

ませんが、股関節内部で角が当たるので慣れる

まで違和感があります。

 

 

 15

シングルサスペンション

 

 

 

16

積載性を拡張できるキャリア。

ツアラー車ではサイド

ケースも付きます。

 

 

17

大きなサイズのマフラー

 

 

 

 18

19.5

19

ヘッドライト。ランプ類はすべて

普通のバルブです。リアもLEDでないのも

また珍しいです。ただシガーソケットを

装備していて、電源を取ることが可能です。

オプションで別売りになりますが、フォグラ

ンプも後付け可能です。

 

 

 20

21

22

ハンドル回り。ツアラー車では、手への風を

軽減するハンドガードが標準で付きます。

 

 

 23

燃料タンク。17L入り、1L2530km走ります。

レギュラー指定ですのでランニングコストも経済的。

 

 

 

 24

メーター回り。250ccでありながら、多彩です。

表示切り替えボタンが2つ独立してあります。

メーターの左にある丸い部分が、シガーソケット

です。ギアの表示はうれしいですね。

 

 25

大型のアドベンチャーにも引けを取らない

ウインドスクリーン。快適性に貢献です。

 

 

 26

サイドスタンドが、ほぼ垂直近い角度で

車両を支えます。ツアラー車ではセンター

スタンドも付きます。

 

 

 

これまでになかった中型クラスで軽二輪として

登場したヴェルシス-X 250ですが、ABSのみ装備

のモデルは629,640円、ツアラー車は683,640円と

なって、値段も届きやすいと思います。

バイク先生は、ツアラー車でお店で見積もりを出して

頂きましたが、乗り出し価格が約75万円とのこと

でした。250ccは重量税は最初4900円かかるだけと

いうことと、車検がありません。

 

 

カワサキ ヴェルシス-X250でした。

 

 

年中無休のハート接骨院は、矯正や整体、

機能訓練、運動療法を提供しております。

詳しくは、右上の「専門治療」の枠をご覧下さい。

浜松市東区和田町203-4マックスバリュー和田店

ハート接骨院 053-462-5200 年中無休

土日祝日も診療しています。

 

痛み・怪我・交通事故・労働災害・スポーツ障害・

むち打ち矯正、整体、整骨など