blog

「バイク先生の試乗インプレッションVol.3(ハーレーダビッドソン FXSB ブレイクアウト)」

新しく始動したバイク先生の試乗シリーズ、早くも第3弾となりました。

2016年の初乗りとして、ハーレーダビッドソンの、ブレイクアウトに試乗

してきました。これまでに試乗してきたハーレーの中では、ついに最大排気

量となりました。1690cc、重量309kgのマッチョなアメリカンです。

CIMG7079

 

 

 

 

 

 

 


「外観」
メッキを多用したパーツが際立ち、ホイールベース、フロントフォークが

長い印象です。エンジン付け根にキーノブがついていて、ハンドルロック、

イグニッション等を操作できます。 後ろには幅24cmの極太タイヤを履いています。

重量級ではありますが、両足がべったり地面に着くのはとても安心感があります。

ただブレイクアウトは、ハンドルがストレートの形状(ドラッグハンドル)で幅が

あります。 ハンドルまでの位置が遠く感じ、腕は楽ではありません。上に曲がった

ライザータイプだったら腕の短い小柄な人でもいいんですけどね。 メーターは

ハンドルの下に付いています。ハンドル左についているのはETCです。

CIMG7099

 

 

 

 

 

 

 

CIMG7083

 

 

 

 

 

 

 

CIMG7090

 

 

 

 

 

 

 

CIMG7091

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「走り」
ギアは6速まであり、左ハンドルのボタンで計器盤の表示を変えることが

できます。回転数、時計、走行距離、積算走行距離で切り替えられます。

6速の時に点灯する6のランプも計器盤についています。

CIMG7089

 

 

 

 

 

 

 

 

アイドリングでは1000rpmですが、発進時は強力なトルクで1500~2000rpm

でも十分 走ることができます。2~3速ではスロットルを開けると、重量とは

裏腹にぐんぐんメーターの 針が上がりだしました。6速を使うことはそうそう

なく、走行中1300rpmを切るとエンジンがノッキングするため、1500rpmは

維持したいところです。6速は60km/hを超えたあたりで使うのがいいです。

無題

 

 

 

 

 

 



コーナリングは、ロングホイールベースでは田舎道の小さな角を小回り

するのはきついです。半クラッチとアクセルがうまくいかないと左折は

大回りしてしまいます。ハーレーのバイクの多くは、ウインカーが左右

で独立したボタンなので、右手で右ウインカーを操作します。

 

CIMG7088

 

 

 

 

 

 

 

 

押すとウインカーが出て、もう一度同じボタンを押すと消えます。

ただ右折後に右ウインカーのボタンを操作する時、スロットルで手が滑ると

1速で飛び出すので気を付けてください。 制動力は、ギアを落として

働くエンジンブレーキが強力なため、ブレーキ自体はがっつり使わなくても

停まれます。しかし急制動はフロントがシングルブレーキで、ただでさえ重量級

なのであまり効きにくいかもしれません。ABSはついていますけどね。 今日は

河川敷の横風が吹き荒れる道路も走行しましたが、どの風向きでももろともしない

推進力であります。ブレる様子は一切ありません。この形状は高速道路や荒野の

クルージングではストレスフリーでしょう。メーターは220km/hまでありますが、

実際出るのでしょうか?気になったのが停車時にギアをNに入れるのが意外と難しく、

1→2速、2→1速とペダルが動いてしまい、Nに入りにくかったですね。

 

「取り回し・ポジション」
エンジンを切って跨ったまま前へ進もうとしても、300kgを超えるとさすがにびく

ともしません。ハンドルをつかむには長いリーチが必要になります。降りてハンドル

をつかんで押した方が無難です。ただブレイクアウトはハンドル幅が広いため腕を広

げる必要があります。 低重心のため、押していくこと自体はそれほど大変ではありません。

CIMG7092

 

 

 

 

 

 

 

CIMG7095

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG7098

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



「値段・クラス」
新車で238万円だそうです。これでもハーレーの中では中堅クラスだそうで、

カウルを持たないクラスでは最大級となります。この上に皆さんがイメージ

されているカウルやナビ・サイドケース付きの最高峰クラスとなります。

390~430kgの横綱ぞろいで取り扱いにも相当な筋力が必要です。

 

以上、バイク先生の今年初ライドのUPでありました!!

ハート接骨院は、浜松市東区の年中無休の治療院で、

毎日10~20時までの診療時間で、お昼を診療致しております。

以下の診療内容になります。受付時間は19:30までになります。

 

保険診療はこちらの内容になります。

 

・むち打ちなどの交通事故による負傷

・日常やスポーツの怪我の治療

 

こちらは保険適用外になりますが、定期的に受けると効果があります。

 

・膝関節・股関節・肩関節などの機能訓練

・猫背・O脚・骨盤矯正などの自由診療

 

いつでもお気軽に立ち寄ることができるハート接骨院に、

是非お越し下さいませ。

 

住所:浜松市東区和田町203-4 マックスバリュ‐和田店内

TEL : 053-462-5200

 

 

CIMG7096