blog

バイク先生の試乗インプレッション(Vol.59  ヤマハ トリシティ125)

 皆さん、こんにちは。いよいよ今年も

 残り1ケ月になってきましたね。

 バイク先生の試乗インプレッションが

 昨年12月下旬に始まり、間もなく1周年

 を迎えようとしています。

 

今回もヤマハの販売店、YSP浜松の試乗会に

 参加しました。今回は27日に参加する予定で

 したが日曜日天気が心配でしたので、11/26

 の土曜日に足を運びました。4台試乗したかっ

 たのですが、絞って2台に決めました。

 まずは話題の3輪車、トリシティを紹介します。

 またまた異色の125ccクラスになります。

 

 1

2

3

4

 トリシティは国内で初となる3輪バイクで、

 タイヤが前に2つ、後ろに1つと逆三角形

 のような配置です。

  イタリアでは先駆けて、以下の3輪バイクが

 前から存在していました。日本もついに市場に

 3輪をリリースしました!

 

 5

ピアジオ Yourban300ie(278cc)

 2014年の試乗会にて撮影

 

 6

 ジレラ フォコ500ie(493cc)

 引用URL :

 http://www.scs-tokyo.co.jp/gilera/fuoco500.html

 

 

 これらのバイクは、通常の二輪仕様車と同じ

 ように傾いて曲がるので、運転には自動二輪の

 免許が必要です。MP3 Yourbanは普通二輪免許、

 フォコは大型二輪免許、トリシティの場合は

 小型限定(125ccまで)普通二輪免許が必要になり

 ます。いずれもオートマ限定でOKです。

 前から見ると、タイヤが2つ並んだ分幅が増し、

 250ccのスクーターと同じサイズ感を感じます。

 3輪なので倒れないと思いきや、実はスタンドを

 下ろさないと倒れます・・・・。MP3のような

 海外の3輪バイクですと、サスペンションをロ

 ックするボタンがあり、押すと停車時に足を下

 ろさなくても倒れなくなる機能があります。

 ビッグスクーターに乗ったことのある人は、

 移住性が似た感じです。3輪の良いところは、

 左右で異なる路面(縦半分の段差や湿った路

 面等)で走っても、左右のサスペンションが

 独立しているため、バランスを崩す心配が

 ない点です。

 

 7

8

 スクーターの仲間なのでエンストとは無縁で、

 足着きは気にしなくても大丈夫です。シート

 から立って停車してもOKです。125ccモデルの

 中ではサイズが大きく、重量も152kgと重めに

 なります。その分250ccのビッグスクーターの

 ようにライダーをすっぽり囲ってくれるので、

 巻風が足にかかってくることもなく、雨が降った

 としてもかっぱを着ればゆったり走れます。

 フラットなステップなので、足も楽です。

 バイク先生、大型二輪免許で小型にフィードバック

 ですか・・・。すごく車体が軽く感じました。

 全身レザーを纏ったバイク先生、なんか違和感

 ありますよ・・・・?

 

 

 9

 お店を出発し、約5kmのコースで試乗しました。

 125ccクラスですと、ぐいっとフルスロットルで

 加速をすることも普通だと思います。125cc

 性能的には最高速度が100km/h程度ですが、40km/h

 を超えると加速が鈍くなる傾向にあります。まして

 3輪では接地面積が増えるため、転がり抵抗・重量も

 考えるとのトリシティは加速が悪いとイメージされ

 る方も多いと思います。しかしトリシティは車体の

 重さに反して40506070km/hとぐんぐんコン

 スタントに加速します。6070km/hという速度域

 では、通常の125ccではハンドルがブレますが、

 トリシティはスピードに乗ってもハンドルがブレ

 ません。重量は重いですが最高11馬力とクラスの中

 では出力が高い方で、新設計されたエンジンによっ

 て勢いに乗ってスピードが出ても、ふらつきがあり

 ません。幹線道路等で流れに乗るにも十分です。

 ただし70km/hより速い流れに瞬間的に乗るとい

 う考えはやめましょう。

 

 10

 さすがに125ccは細身で小さいイメージが

 ありますが、トリシティは前部の幅があるので、

 渋滞するとさすがに抜けられないこともあります。

 移住性とすり抜け力はどうしても相反してしまい

 ます。それでも田舎道や路地等の細道では全く

 苦労することはありません。むしろ田舎でしたら

 おじいちゃんやおばあちゃんたちが見るでしょう

 ね。あの異型のフォルムですから…。

 

 

 

 11

 前に走っているバイクは、他の試乗車に乗って

 いたライダーです。あのバイクたちは大型

 なので、ついていこうなんて思いませんでした。

 1kg程度のトルクしか出ない125ccのバイクで、

 10kgのトルクが出る大型バイクに敵うわけが

 ありません。250ccのスクーターみたいに

 足を前に投げ出すスペースがありませんが、

 直進安定性の高いトリシティならまず必要

 ありません。性能は考えるべきです。

 オートマなので操作も簡単で、左折も素早く

 曲がり、快適かつ不思議な乗り味でお店に

 戻りました。

 

 

 

 12

13

 トリシティの名にふさわしい

 3つのタイヤ。

 「トリ」(トライとも発音されることも)

 ラテン語で3という意味です。

 鳥さんではありません。w

 

 

 14

 エンジンは単気筒124ccです。最高

 11馬力と125ccクラスでは高出力な方なの

 で、直線が長ければ最高速が伸びると思わ

 れます。ただバイパスや高速道路は通れな

 いので、60km/hから先はまず使うことは

 ありませんけどね・・・。125ccのバイクが、

 最大で約1kgのトルクで走り、排気量に

 ほぼ比例します。おおよそ100cc毎に1kg

 トルクが増えますが、エンジンパーツの形状

 や重さ、配置によって例外もあります。

 

 

 

 15

16

 ライト類

 125ccながらも、ポジションランプと尾灯には

 LEDが使われています。ハザードはありません。

 

 

 

 17

18

 ハンドル回り

 

  19

 メーター。時計、燃料計、速度、距離、気温、

 積算距離、オイル・ベルト交換目安距離計が

 付いています。回転計は付いていませんが、

 125ccスクーターには大抵不要です。

 

 

 20

 

21

ステップ。フックも出せば

 バッグも吊るすこともできます。

 

 

 22

 同乗者用のステップは収納されていて、

 2人乗りの時に展開できます。

 

 

 

 23

 シート。落差も少なく、幅があるので、

 2人乗りもゆったりしていそうです。

 左右のグリップもつかめます。

 

 

 24

 メットイン。車体の割に

 小さい容量です。ヘルメット1個が

 入るだけですね…。給油口も

 あります。

 

 

 

 25

26

 スタンド。スクーターなのでサイドと

 センター両方装備です。3輪ですが、必ず

 どちらかを下げないと倒れてしまいます。

 

 27

 前輪のブレーキ回り。

 ブレーキも後ろ合わせて3つあるので、

 止まるのも容易です。ABSが付いたモデルと

 付いていないモデルが存在します。バイク先生

 が乗ったトリシティはABSなしでした。

 見分け方は簡単で、ABSありのモデルでは

 前のフェンダー横にABSのロゴがあります。

 

 

 

 28

 スクリーン

 

 29

30

 足周りを見ずに走ると、250cc

 スクーターと同じに感じるボリュームです。

 トリシティには小物やペットボトルを

 収納するスペースはありません。

 トリシティは2014年と割と最近登場したのですが、

 後ほど2015年からは停止も安全なABSのついた

 仕様車(重量156kg)も市販されました。

 お値段は新車で約35万円、ABS付では約40万円と

 一般的な125ccのスクーター(平均25万円程度)

 に比べると車両は少々高いです。しかし125ccクラ

 スは別名「第二種原動機付自転車(ピンクのナンバー

 プレートは甲種で91125cc)」といい、一応原付です。

 そのため「ファミリーバイク特約」が使えまして、

 クルマをお持ちの方はクルマの任意保険に125cc

 でのバイクも加えることができるんです。なお最

 近仕入れた情報ですが、来年1月に、トリシティ

 155ccモデルも市販されるようです。以下の点が

 125ccと違う点になります。

 

・高速道路やパイパス等の自動車専用道路が

     走行可能に。ただし高速は性能的にキツいかも。

 126400ccの軽二輪クラスなので、普通

      二輪免許(AT限定可)が必要。

 ・ファミリーバイク特約は使えなくなり、

       任意保険は個別で加入する必要がある。

 ・重量税が新車登録時にかかる。

 

3輪のバイクは本当目立ちます。次世代コミュー

 ターとも呼ばれている、ヤマハのトリシティの

 インプレッションでした。

 

 

 

○浜松市のハート接骨院は、肩こり・腰痛等の方だけでなく、

交通事故の患者様やスポーツアスリートの方も含め、幅広く診療致しております。

お体の定期的なケアに役立つ診療も多数ご用意しております。

 

 

 

土日祝も10~20時(受付時間19:30まで)まで、お昼も診療致します。

急な怪我・交通事故でもお気軽にご来院下さい。

 

 

 

住所 : 浜松市東区和田町203-4 マックスバリュ‐和田店内

 TEL : 053-462-5200