blog

今日は七夕☆彡

08_tanabata02

こんにちは!今日は7月7日、七夕です☆彡

七夕の由来には、いくつかの説がありますが、 以下の3つが合わさって今の七夕になったというのが最も有力です。

1.     日本古来の行事「棚機(たなばた)」

2.     織姫と彦星の伝説

3.     中国古来の行事「乞巧奠(きこうでん)」

 

1.日本古来の行事「棚機(たなばた)

古来の日本では、「棚機女(たなばたつめ)」とよばれる女性が、機織りをしてできた布を神様にお供えして、豊作を祈ったり災いが起こらないように願ったりする行事がありました。

時とともに、この行事がお盆を迎える準備として、「77日の夜」に行われるようになりました。ここから、現在「七夕」を「たなばた」と当て字で読む由来がここから来ているのです。

 

2.織姫と彦星の伝説

これは、中国からの由来が起源とされています。

  

おりひめ(琴座のベガと呼ばれる「織女(しゅくじょ)星」)は縫製の仕事を、ひこぼし(座のアルタイルと呼ばれる「牽牛(けんぎゅう)星」)は農業の仕事を司る星とされていました。

 

この2つの星は、1年に1度、77日に天の川を挟んで最も光輝くことから、この日

を巡り合いの日として七夕のお話がつくられました。

 

 

3.気巧奠(きこうでん)という風習

これも中国の行事から来ています。

  

 

77日の織姫星にあやかり、機織りや縫製が上達するようお祈りする風習がうまれ、それが現在では、様々        な願い事をする風習が広がったのです。

 

最初は織姫にあやかって願い事をしていたものが、時と共に、いろいろな願い事をするようになり、複数の神事や伝説、風習が重なり、現在の「七夕」が生まれたとされています。

 

 

七夕に飾る、「笹」は、昔から神聖なものとして大切に扱われていました。

笹の葉の擦れ合う音は、神様を招くとされ、神聖なものとして扱われてきたのです。

 

なので、七夕の願い事も、神聖な笹につるすようになったのです。

170226

 

 

今日はとてもいい天気になりました☆彡

綺麗な天の川が見れたら嬉しいですね!!

ハート接骨院は年中無休です!

詳しくは、左上の当院の特徴をご覧下さい。

浜松市東区和田町203-4マックスバリュー和田店

ハート接骨院 053-462-5200 年中無休

土日祝日も診療しています。

痛み・怪我・交通事故・労働災害・スポーツ障害・むち打ち矯正、整体、整骨など