blog

今日は節分♪

こんにちは!

今日は風が強いですが、暖かい1日ですね!!

 

 

今日2月3日は、節分です♪

yjimageQWR0SGBJ

 

 ☆今年の恵方は北北西☆

 

節分って年に1回だけではないのです。

 

節分の由来・意味は季節を分けるという意味もあり、春夏秋冬の季節の始まりはすべて節分なのです。つまり1年に4回それぞれの季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前の日が節分の日となるのです。

 

この中で一番有名なのが立春の前の日にあたる2月3日ではないでしょうか?皆さんはこの日に豆まきと恵方巻を食べていますね。

日本では昔から立春が一年の始まりとされていたので、この日が一番良い日とされていたため、行事として今も残ったと言われています。

 

一年の始まりが立春ということは、その前の日は昔の「大晦日(おおみそか)」ということになるのです。この日に一年の厄を払って、次の年を迎えるということで厄除け=鬼に豆まきをしてやっつけるようになったのです。

 

☆「節分の豆まきの由来」

季節の変わり目には邪気が入りやすいと考えられており、新しい年を迎える前に邪気を払って福を呼び込むために、宮中行事として追な(ついな)という行事が行われるようになり(俗に鬼やらいや厄払いとも呼ばれます)、その行事のひとつ豆打ちの名残りが豆まきという訳なのです。

 

☆どうして鬼をやっつけるの?

「鬼」という字を「おに」と読みますが、「おに」という日本語は「陰(おん)」に由来します。「陰」とは目に見えない気、主として邪気のことをさし、それが「おに」なのです。

また、隠れている怖いものとして「隠人(おんにん)」が変化したという説もあり、形の見えない災害、病、飢饉など、人間の想像力を超えた恐ろしい出来事は鬼の仕業と考えられていたのです。

 

つまり、新しい年(立春)を迎える前日(立春の前日・節分)に、鬼に豆をぶつけて邪気(おに)を払い、福を呼び込もうという訳です。

 

スーパーには、たくさんの恵方巻が売られていました!

今年の恵方、北北西をむいて、しゃべらずに食べきり、豆まきをして、1年健康に過ごせるようにお願いしましょう☆

 

 

ハート接骨院は、土日祝も10~20時(受付時間19:30まで)まで、お昼も診療致します。急な怪我・交通事故でもお気軽にご来院下さい。

 

住所 : 浜松市東区和田町203-4 マックスバリュ‐和田店内

TEL : 053-462-5200  

 

ハート接骨院はFacebookをやっています。

色々な情報をアップしてゆきますので

是非!!お気軽に友達申請して下さい♪