blog

新人クン、初のトライク試乗!!しかもお母さんと2人乗り!?

皆さんは、トライクという乗り物をご存知ですか?
三輪車のことで、バイクの雰囲気を普通免許で味わうことができるんです。
トライクは、

・税金は二輪
・車庫証明不要
・普通免許で運転可能
・バックギア付きなので取り回し不要
・転倒知らず
・バイクのように風を受けられる
・ヘルメットの装着義務なし

・熱い視線を猛烈に浴びられる

というメリットがあります。
デメリットは

・高速の制限速度が、トラックと同じ80km/h

 (性能的には200km/hでるそうですが・・・。)

・バイクのようにすり抜けができない.

くらいです。


トラックとトライクが響きがどうのこうのっではありませんよ?

湯河原から浜松に帰る途中で、焼津にあるモータープラザカワイというお店で、トライクの試乗ができるため寄りました。


カンナムというカナダのメーカーで、スパイダーというモデル名でトライクがラインナップされています。前2輪、後1輪というタイヤ配置です。 車格はとにかくでかく、軽自動車くらいです。
今回試乗したのは、セミオートマ(シフトアップダウンのボタン付きで加速時主に使用)仕様です。
操作はスクーターのようにはいかず、お店の人からのレッスンで、少し操作と走行を練習しました。エンジン始動から発進までのプロセスがあるんです。ハンドルにはラジオや風防のスライドスイッチ、シフトパドルといろんなスイッチがついています。

1946327728_144


1946327728_251


停止時は勝手に速度に応じてシフトダウンされ、停止では常に1速に勝手に戻ります。
バックギアも付いていて、Nから左手にあるシフトアップ+ボタンとRボタンを同時に押すと、バックギアに切り替えられます。スロットルを捻ると後ろに下がれます。
練習ですぐ上達でき、お店の人も僕の上達の早さに驚きました。
そこで今回は、後ろにお母さんを乗せて。二人乗りで試乗してきました!!
本当はヘルメットはなくても大丈夫なんですが、お店の勧めで二人ともかぶりました。

1946327728_168両親をもバイクの世界に巻き込んだわけであります。

お母さんを乗せて、初のタンデム走行です!!
二人乗っても、転倒しないので、安定感は格別です。
前輪は、車と同じパワーステアリング方式のため、切れは軽いです。

今回は試乗中は一部お母さんにも撮影を頼みました。
加速ですが、重量は480kgほどで、軽自動車の半分くらいですが、
同クラスのバイクの2倍です。鋭い加速は期待できませんが、
パワーウエイトレシオ(重量÷馬力)的には、本気出せば400ccバイクと同じくらいの加速力になりますね。
400ccでも結構速いです。

シフトは、加速時は左ハンドル付け根の+ボタンで、2速・3速と上がっていきます。
裏側にはダウンの-ボタンもあります。ただ回転数が足りない状態で
シフトアップし、ノッキングすると自動でギアを落としてくれます。
回転数が上がり過ぎた時の自動シフトは、今回試していません。
2000rpmは最低維持しないといけないようです。減速する時は、右足のフットブレーキだけで
3輪すべて制動されます。速度に応じて勝手にギアも落ちていきます。右足だけで
止められ、セミオートマならエンストもしないので停止時は楽です。

ウインドスクリーンは、手元のボタンで上下で動かせる電動式であります。

お母さんが乗っていた後部座席の方ががむしろ背もたれ、肘かけもあり、
移住性がよさそうな感じもします。
お母さんも練習すれば運転可能なんですが、遠慮してしまいました。

走行中、大いに注目・視線の的となりました。1946328637_247

1946328637_7

これだけ車格もでかいのですが、しっかりサイズ相応の装備もあります。
前、左右、後ろにはしっかり収納スペースもあります。
後ろはシガーソケットもあります。
これから寒くなりますが、グリップヒーターも装備です。

1946329051_1351946329051_2091946329051_180

 ド派手な乗り物、トライクは普通免許でバイクの乗り味を味わうことができます。
排気量は3気筒・1330ccです。 傾かないで曲がるので、コーナリングは車と同じ感覚です。