blog

虹色フェスタ2015

みなさん、こんにちは。新人クンは11月21日土曜日に、「虹色フェスタ2015」という、

イベントに行ってきました。ホンダ系列の練習所で、細江町にある「交通教育センターレインボー浜名湖」というところで開催されました。

このイベントでは、バイクおよびクルマの試乗会に加え、白バイ隊員によるデモ走行だったり、

子どもバイク教室、スポーツバイク2人乗り体験、高速道路災害レクチャー会と、乗り物に関するイベントが盛りだくさんでした。

僕は、6台のバイクに試乗しました。感想を簡単にお知らせします。

 

 

1.ホンダ CB1300SF(1284cc)

大型のネイキッドでは、コーナリング、加速、低速トルク、馬力、乗り心地、

足着きのトータルバランスが取れていて扱いやすいです。

特に目立つ特徴はありませんが、重量が270kgほどと重くなります。

今年から6速ギアとギアインジケーターが追加されました。

CIMG6423

CIMG6471

1300

 

2.トライアンフ ボンネビルT100(865cc)

 

 クラシックなイメージですが、スロットルを回すと見た目とは

  裏腹に、仰け反る加速です。低速で走ると、「ボコッ」と重い

  破裂音のような音がマフラーから出てきます。

  カギの差し込み口が、ライトの左側にあります。

  細身で、軽量(230kg)、コンパクトでコース上のカーブも楽々です。

CIMG6468

CIMG6474

bonne

 

3.ホンダ VFR800F(781cc)

白バイにも採用されています。機動力と走行性能がバランスしています。

フルカウルですが、ハンドルが高いため前傾はそれほど深くはありません。

エンジンはクラスで珍しいV型4気筒です。コースでカーブが多く、あまりよく分かりませんでしたが、低速では2気筒モード、

 回転数が上がると4気筒モードに切り替わる機構があるそうです。

 CIMG6461

CIMG6472

vfr

 

4.ヤマハ YZF-R3(320cc)

今回乗った唯一中型クラスです。大型ばかり乗ってきたため、

車体が軽く感じます。車検はありますが、重量が軽い(170kg程度)ため

400ccに匹敵する性能です。中型クラスのスーパースポーツは、

シートも低く、ハンドルが高めなので、手軽に乗れます。

このクラスなら回転数を最大限に発揮できることもしばしばでしょう。

CIMG6477

CIMG6476

r3

 

5.トライアンフ タイガーエクスプローラー(1215cc)

 アドベンチャーという高車高のツーリングバイクで、今回のエクス

プローラーはローシート仕様で、両つま先がしっかり地面に着きました。

重量も259kgありますが、エンジンが最高137馬力とパワフルなので、

アドベンチャーの中では速い方になります。 とはいえ、軽く加速した

だけで仰け反ります。急カーブの多い峠道は重心が高いため厳しい

ですが、高速道路では抜群の安定感とよい見晴らしに驚くことでしょう。

 CIMG6497

CIMG6503

無題

 

 6.  ヤマハ MT-09 トレーサー(846cc)

 こちらもヤマハ話題の3気筒バイクで、豪華装備を揃えたMT-09です。

  重量は210kgと高車高にしては珍しく軽量です。シートが84.5cmと

  高い方になるため、正直自分には脚の限界を超えています。

  しかし乗り方でひと工夫すれば案外乗れるものです。

  こちらのマシンは、インプレッションは今回は割愛します。

  公道でもう一度試乗してからにします。

CIMG6482

  CIMG6505 09

 

最後まで読んでくださりまして、ありがとうございました。