blog

運動と睡眠

こんにちは!みなさんGWのお休みは楽しめていますか??

浜松まつりに出る方や、遠くへでかける方、様々だと思いますが、楽しくてつい睡眠不足になってしまうかもしれません。

 

 

寝る間をおしんで楽しみたい!

せっかくの休みだからゆっくり寝たい!

人それぞれですが、自分の体に耳をかたむけて、自分にあった睡眠をとれたら理想的ですね☆☆

87c8465a47c5f48764d6307018c0b1e2_t

 

今日は、睡眠のことについて詳しくお話ししていこうと思います!!

 

 

 

「睡眠とは」

 

睡眠には浅い眠りのレム睡眠と、深い眠りのノンレム睡眠があります。

眠りにつくと、まずノンレム睡眠があらわれ、次に浅い眠りのレム睡眠へと移行します。私たちの眠りはこれら性質の異なる2種類の睡眠で構成されており、約90分周期で一晩に4~5回、一定のリズムで繰り返されています。

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_t

☆脳の眠り ノンレム睡眠

脳が眠っている状態と考えられています。眠りの深さによって4段階に分けられます。 浅い眠りから深い眠りへと進み、深さのピークを過ぎると今度は逆に深い眠りから浅い眠りとなり、そのあとレム睡眠へと移行します。 居眠りはほとんどがノンレム睡眠で、空いた時間にほんの少し居眠りするだけでも脳の休息になります。

・入眠直後にあらわれる

・夢はほとんどみない

・身体を支える筋肉は働いている

・眠りが深くなるにしたがって、呼吸回数・脈拍が少なくなる

☆身体の眠り レム睡眠

身体は深く眠っているのに、脳が起きているような状態の浅い眠り。 目覚めの準備状態でもあり、この時に目覚めると気分がすっきりします。

・眼球がきょろきょろ動く

・身体の力が完全に抜けている

・呼吸や脈拍が不規則

・夢をみる

 

最適な睡眠時間は何時間なのでしょうか??

睡眠時間のタイプには、次の3つがあります。

  1. 「ショートスリーパー(短眠者)」

    睡眠時間6時間未満の人

  2. 「ロングスリーパー(長眠者)」

    睡眠時間9時間以上の人

  3. 「バリュアブルスリーパー」

    睡眠時間6~9時間の人

一般的には、7時間がいいとされていたりしますが、理想の睡眠時間とは、十分に眠ったという実感を得て爽快に目覚められる睡眠時間のことです。

短時間でも、日中に眠気を感じることなく過ごすことが出来ていればOK。

「運動と睡眠」

ef829ee39e510997cc8ff892ea43fbe8_t

睡眠と運動の関係は、安眠や快眠に深く関わっています。 睡眠とは、日中に活動して疲れきった脳や体の細胞を休めるひとときです。

そのため日中に激しく頭や体を使うほど、疲労度が高くなります。

それだけ睡眠時にメンテナンスが必要になります。つまり、起きているときに頭と体を良く使う人ほど、より深い眠りにつけるということです。

この原則から考えると、睡眠に運動が有効であることが分かると思います。 仕事がデスクワーク中心の人であっても、意識的に運動を日常の中に取り入れることによって、夜に熟睡できるようになるのです。

熟睡が現れる深い睡眠とはノンレム睡眠であり、体の細胞の損傷を修復する時間帯です。体の筋肉を鍛えたり、運動している人ほど、ノンレム睡眠中に成長ホルモンがより多く分泌され、深い眠りが得られるのです。

62f666768cd9358a79a9ebe3aa6d2b18_t

 

快適な睡眠に運動を役立てるには、時間帯を意識することが大切です。 エクササイズの時間は、いつでもいいわけではないのです。 朝に運動をしてしまうと、日中に眠気が出てきてしまいます。

 

会社勤めの人などで、朝早起きしてジョギングしている人は、日中の眠気を招きやすいわけです。 また夕方に運動をすると、夜にかえって寝付けないという現象が起きます。やはり夜寝る2時間前が適切のようです。

たとえば夜12時に寝るのなら、夜10時にちょうど運動が終わるように計画します。このように安眠の方法や不眠対策は、寝る時間から逆算して計画を立てることが大切です。これは運動だけではなく、食事にもいえます。たとえば夕食は寝る3時間前までに済ます、などです。 睡眠と運動は、なぜこのように密接に関わっているのでしょうか?

 

 

 

それは有酸素運動をすることによって、体温が一時的に上がるからです。運動によって体温を一時的に上昇させておくと、血行がよくなり、体の内側の体温が体の表面から放出されるので、深部体温が下がりやすくなります。深部体温が下がると私たちの体は自然と眠くなるようになっています。

だいたい2時間後に体温が下がって、それとともにスッと眠りにつくことができるのです。晩の6時だと早いので、夜の8時から10時の間でも許容範囲です。とにかく眠りに就く2時間前と覚えておきましょう。

 

 

d288f3c9a1470850517b38b6d7ef80d2_t

 

しかし、毎日忙しく、運動する時間をとれない方もいると思います。

そんな方は、ゆっくり入浴してから眠ることをおすすめします。このとき注意したいのは、お風呂の温度です。

熱いお湯につかると交感神経が優位に働き脳が覚醒してしまうと言われているからです。

心と体をリラックスさせる副交感神経を優位にするためには、40度前後のぬるめのお湯に30分程度入るのがよいです。

73973ba605092026edd21eaca68bf9f5_t

自分にあった睡眠をとり、毎日元気に活動することができたらいいですね♪

なかなか寝付けない・・・と悩んでいる方、ぜひこれらのことを実践してみてください!

7a269b807d70df6183174f3313868002_t

 

 

 

ハート接骨院は年中無休です!

詳しくは、左上の当院の特徴をご覧下さい。

浜松市東区和田町203-4マックスバリュー和田店

ハート接骨院 053-462-5200 年中無休

土日祝日も診療しています。

痛み・怪我・交通事故・労働災害・スポーツ障害・むち打ち矯正、整体、整骨など