blog

運転中の地震に備えて

運転中の地震対策!!

 

地震に備えて~ドライバー編~

 

走行中地震を感じたら

 2

・決して急ブレーキをかけないでください。ゆっくりと減速し、あわてずに左側路肩に停車して、エンジンを止めましょう。

・長大のり面の下、トンネルの出入り口付近では、震度によっては、崩落の危険がありますので、極力、その場所をさけて停車しましょう。

・高速道路では計測震度4.5(震度5弱に相当します)以上で通行止めを行い、道路の点検を行います。

・大地震の場合、本線車道は、緊急車両が通行することになります。

・休憩施設で強い地震に遭遇したら、係員の避難誘導に従いましょう。

 1

 

☆注意☆

緊急地震速報を受信した際には、以下の点に注意して落ち着いた行動をお願いします。

 

・後続の車が情報を聞いていないおそれがあることを考慮し、あわててスピードを落とさない。

・ハザードランプを点灯するなどして、まわりの車に注意を促したのち、急ブレーキはかけずに、緩やかにスピードを落とす。

・大きな揺れを感じたら、急ハンドル、急ブレーキをさけるなど、できるだけ安全な方法により、道路状況を確認して左側路肩に停車する。

 

 

路肩に停車したら

・エンジンを止めたら、追突事故が起きないよう、ハザードランプをつけ、停止表示板を後方から進行してくる車から見えやすい位置に置き、また前後の車両の間隔をとるなどの、余震などへの予防措置をとりましょう。

・デマや流言に惑わされないよう、警察や高速道路会社の指示、または、ラジオやカーテレビによる公共機関の情報によって慎重に行動しましょう。特に沿岸部について、津波が来る可能性がありますので、津波の高さや到達時間などをラジオ等で情報収集しましょう。

 3

 

☆勝手な行動はやめて、正しい情報を☆

新潟地震では、「もっとおおきいのがくる」というデマに、人々はパニックに似た心理状態になりました。関東大震災では、放火だというデマで恐ろしい暴動に似た状態になりました。現代社会でも、地震の怖さに変わりなく、地震時の人心の不安は大きいものです。今日の情報は、公共の電波で確保されており、情報が失われることはありません。一部の人のデマに惑わされず、ラジオ等公共の情報を信頼し、慎重な行動をとるようにしましょう。

 

止むを得ず車を離れる時は…

・エンジンを切り、窓ガラスをしっかり閉め、ドアはロックせず、エンジンキーはつけたまま、キーレスエントリーキーの場合は置いたままにしておきましょう。救助活動や事故処理に支障をきたす場合は、車を移動させることがあります。(可能であれば車内に連絡先を記したメモを残しておきましょう。)

・貴重品などは車内に残さないようにしましょう。

・他の通行車両にはねられないために、車内や路肩には残らず、非常駐車帯やガードレールの外など、安全な場所に避難しましょう。

・全体の災害状況は、道路情報板やハイウェイラジオ、また警察や高速道路会社のパトロールカー搭載のスピーカー、サービスエリアなどの拡声放送によって、情報を提供します。

(参考)平成26年11月に災害対策基本法が改正され、緊急の必要性がある場合、指定された区間で道路管理者によって車両の移動の命令もしくは車両の移動ができる様になりました。

 

車両火災が発生した・・・

・お互いに協力して、初期消火に努めましょう。1台の火災でも、渋滞していると、すべての車両が火災に巻き込まれる恐れがあるからです。

・車両火災に備え、日ごろから消化器を備えておくよう心がけて下さい。(危険物運搬車には、消化器の設置が義務づけられています)

 4

 

非常電話は1km置き・・・

 ・車両火災・道路の異状・交通事故等を発見したときは、1km(トンネル内は200mおき)に設置されている非常電話で連絡して下さい。(受話器をあげるだけで道路管制センターにつながります)

 ・電話がふくそうして、通じないこともありますので、地震発生後に、慌てて連絡をとることはやめましょう。しばらく地震がおちつくのを待って下さい。

 

 ・非常電話が通じない場合は、110番や道路緊急ダイヤル(#9910)をご利用いただくか、インターチェンジ近くの場合は料金所までご連絡をお願いします。

 5

 

いざという時のための備えと非常用品

 

  1. 水(常時、1Lくらいのポリタンクに入れておくよういしましょう。)

  2. 食料(調理なしで食べられるもの)

  3. 灯火類

  4. 携帯ラジオ(車が壊れてラジオが聞けないことがあります)

  5. 応急医薬品

  6. 毛布

  7. ロープ

  8. 消化器

  9. 車脱出用ハンマー

6

 

 

南海トラフ地震防災対策推進地域

 

 南海トラフ地震が発生した場合、震度6弱以上が予想される地域、および津波高3m以上が予想され、海岸域堤防が低い地域(関東・東海・近畿・中国・九州地方の29都道府県にわたる707の市町村(平成26年3月28日辞典))が「南海トラフ地震災害対策推進地域」として指定されています。この地域における高速道路等は図に示す通りです。

 

 

警戒宣言が出されたら

高速道路の交通規制は・・・

・強化地域への流入は制限されます。

・強化地域内へのインターチェンジからの流入は、制限されます。

・その他、状況に応じて必要な交通規制が行われます。

 

警戒宣言が出されたら

ドライバーは・・・

 ・あわてず、ゆっくりと低速走行に移りましょう。

 ・カーラジオ等で、継続して地震情報や交通情報を聞き、その情報に応じて、

  冷静に行動しましょう。

 

 

 

警戒宣言が出されると、高速道路は緊急輸送路となります。

 

※警戒宣言時の緊急広報は-

 

  高速道路では、本線上の道路情報板や、ハイウェイラジオ、また長大トンネル内のラジオ放送、サービスエリアなどの拡声放送などによって行われます。

 

 

未曽有の大地震 東日本大震災-

 

東日本大震災の概要

2011年3月11日14時46分、三陸沖を震源としたマグニチュード9.0の地震が発生しました。発生地点において日本周辺における観測史上最大の地震でした。震源は岩手県沖から茨城県沖までの南北約500km、東西約200kmのおよそ10万平方キロメートル。最大震度は宮城県栗原市で観測された震度7で、宮城・栃木・福島・茨城の4県36市町村と仙台市内の1区で震度6強を観測しました。この地震により、場所によっては波高

10m以上、最大遡上高40.1mにも上る巨大な津波が発生し、東北地方と関東地方の

太平洋沿岸部に壊滅的な被害が発生しました。また、巨大津波以外にも、地震の揺れや液状化現象、地盤沈下、ダムの決壊などによって、北海道沿岸から東北を経て東京湾を含む関東南部に至る広大な範囲で被害が生じ、各種ライフラインが寸断されました。

 

 

 

NEXCO東日本管内の被害状況

NEXCO東日本管内には各IC内の料金所などに約200を超える地震計を設置しており、東日本大震災発生時には水戸管理事務所南ICを経で最大計測震度6.3を記録しました。このほか、計測震度5.5以上(震度6弱に相当)の記録が、八戸管理事務所管内の軽米ICから千葉管理事務所管内の大栄ICまでの、過去に前例のない広い範囲で計測されました。これにより地震直後の通行止めは、管理延長の約65%におよぶ範囲の35路線、約2300kmの区間に達し、交通の支障となる被害は20路線、870km区間におよびました。

 

 

 

 

 

緊急交通路の確保

NEXCO東日本グループでは、地震発生直後から緊急点検を開始し、被害箇所の把握に努めました。被害により通行不能な箇所については、緊急車両の通行確保を優先し、仮復旧を実施しました。震災から20時間後には、東北自動車道などの主要な路線を中心に、緊急車両の通行や物資の輸送が出来るよう交通路を確保しました。

 

 

 

 

NEXCO冊子参照