news

☆金のなる木☆

a0267399_23424516

 

 

皆さん、こんにちは!!

寒さも和らぎ、当院のカウンターで

置いている植物が花を咲かせました。

多肉植物のフチベニベンケイで、愛称が「金のなる木」

とも呼ばれています。患者様から頂いたものになります。

この植物で花が咲かせることは皆さんご存知でしょうか。

花を咲かせることはなかなか難しいですが。なんと

ハート接骨院の金のなる木に花が咲きました!↓↓

 IMG_20170225_142106

 

葉がコインの形に似ているのが名前の由来で、ある栽培業者が

五円硬貨の穴を頂芽に通して固定し、若枝が硬貨の穴を

通ったまま成長し、硬貨がなったように見せかけ、一種の

縁起物的な販売方法をとったのが「金のなる木」と呼ばれる

きっかけとなりました。

南アフリカ東部原産で、日本では昭和初期に渡来しました。

 

 

丈夫な観葉植物としてよく栽培されていて、水不足が続くと

枝先の節目からも根を生やせます。枝からちぎった葉

1枚でも、葉の付け根を有しないものも土に挿しておく

とそこから育つほど、再生能力が発達しているため、

繁殖は挿し木で行われます。

また一年を通じて日向か半日陰で乾燥気味に育て、

春から秋の成長期に潅水するとよく成長します。

土質としては通気性の良い弱酸性の土壌が効果的です。

 IMG_20170225_125841

 

花がなかなか咲かない理由としては、以下の理由が考えられます。

 

●肥料が多い・水のやり過ぎ・日光不足

肥料が多いと栄養を花よりも葉を伸ばすことに

使う性質があり、花がつかないということになり

ます。ある程度の大きさになっても花が咲かない

ときは、肥料を与えず、水も控えましょう。

すると、栄養不足になった時に花を咲かせる確率が

上がります。すこしかわいそうですが、花を咲かせる

のは、子孫を残すためだそうです。水や肥料よりも、

日光も十分に当てることが重要といわれています。

 

金のなる木でした。

 

最後までご覧頂き、誠にありがとうございました。

 

 

ハート接骨院は年中無休です!

当院の治療内容の詳細は、左上の「当院の特徴」をご覧下さい。