患部にアプローチすることで、血行を促進し自然治癒力を上げ症状の改善を目指す。


骨と骨の隙間を広げ、患部の物理的ストレスを低減させる。 筋肉などの軟部組織のストレッチを目的とし患部の筋緊張の緩和、血行改善を図る。


生体組織内の温度を上げ、血液循環を促進させることで、関節・筋肉などを効率よく治療をする。


神経の働きを調整し、不調を和らげる。筋肉にアプローチし、コリなどを和らげ血行を促進する効果がある。関節部に有効。


針治療と同等の効果があり、血行を促進し、鎮痛・消炎効果がある。 特に肩痛・背部痛・腰痛に効果的。


事故などで硬直した関節等の運動機能を回復するために機能訓練・ストレッチなどを行い関節の動き改善や筋肉硬縮を予防する。


高電圧電流を用いる。短時間で効果があらわれる。筋肉の深部まで届き、痛みの軽減、血流促進。レントゲンで原因が分からないむちうちにはHVが効果的。


細胞修復に必要な微弱電流を人工的に作り自己修復力を助ける。細胞、神経、筋肉を刺激することにより、 マッサージ効果、鎮痛効果、血行促進などが得られる。治療による痛みをほとんど感じることなく効果が得られる。


1秒間に300万回の非常に高い周波数のエネルギーを体内に導入し、血流改善・炎症改善・関節包内組織の活性化を図る。 むち打ち、肩痛、五十肩、ぎっくり痛、膝痛、関節痛、捻挫、打撲、挫傷等幅広く効果を発揮する。


細胞の活動を活発にし、体の深部を温め、血管の拡張、血流循環の促進、代謝の向上、老廃 物、尿酸、脂肪、乳酸などを排泄し疼痛緩和、鎮痛作用に効果があります。


身体の特定部位にRF波帯域の電磁エネルギーを供給し、体組織内に深部熱を発生させ、そ の温熱効果により疼痛、筋痙攣、関節拘縮の改善を行います。