news

テーピング

今日はテーピングの効果ついてお話します。

テーピングの効果には

・可動域(動く範囲)の制限かできます。

捻挫、靱帯損傷、脱臼などは、その部位が正常に動く範囲を超えてしまった結果起こってしまいます。

テーピングで固定することで可動範囲を制限して怪我の防止になります。

・患部の補強や悪化防止にもなります。

怪我をしてしまって弱くなってしまった部位をテーピングによって補強すること痛みを和らげることができます。

・精神的安心感を持てる。

過去の怪我で怪我に対する恐怖感を抱くことがあるのでテーピングをすることで予防し安心感がもてます。

当院では患者様にあった治療することに努めています。お気軽にご相談下さい。

P1000705